ジムニーは何故「最強の日本車」なのか? 所有してわかった「長年愛される」理由とは (1/2ページ)

ジムニーは何故「最強の日本車」なのか? 所有してわかった「長年愛される」理由とは

名車は数あれどクルマ好きが最後にたどり着くのはジムニー!?

 数年前から続くアウトドアの大流行。その波はクルマ業界にも押し寄せており、とくに手頃なサイズのジムニーは新車どころか、旧型の中古車も人気が沸騰しているという。そして人によっては「最強の日本車」と絶賛することもある。国産車の中には多くの「名車」と呼ばれるクルマがある。それらを差し置いてなぜジムニーが「最強」と呼ばれるのか? ジムニーの魅力を筆者自らの経験を元に説明したいと思う。

【関連記事】予算100万円で選ぶ「ソロキャン用」のクルマとは? アウトドア好きが選んで失敗しない7台をお教えします

実際にジムニーを所有するライターが「ジムニーが日本車最強」と言われる理由を解説画像はこちら

アウトドア人気もあり支持率は急上昇!

 日本の林道にピッタリのサイズと圧倒的な走破能力を持つジムニー。1970年デビューの初代から高い評価を得てきた。しかしながら実際に乗るユーザーはガチなクロカン好きが中心で、現在よりは街で見る機会も少なかったと記憶している。

【関連記事】予算100万円で選ぶ「ソロキャン用」のクルマとは? アウトドア好きが選んで失敗しない7台をお教えします

実際にジムニーを所有するライターが「ジムニーが日本車最強」と言われる理由を解説画像はこちら

 それが昨今のアウトドアの大ブームを受け、「SJ30型」から始まる2代目や3代目となる「JB23型」がブレイク。

実際にジムニーを所有するライターが「ジムニーが日本車最強」と言われる理由を解説画像はこちら

 次いで2018年には20年振りの刷新を受けた現行モデルがデビューした。そして2020年には世界的なコロナ禍でいわゆる『密』を避けられると、キャンプを中心とするアウトドアの流行はさらに加速した。一時は新車が1年待ち以上といわれ、旧型の相場まで釣られてどんどん高騰している。

実際にジムニーを所有するライターが「ジムニーが日本車最強」と言われる理由を解説画像はこちら

所有歴1年でもアウトドアでの活躍に満足

 じつは筆者もそのトレンドに乗ってJB23を手に入れたクチだ。以前からキャンプやトレッキングは好きだったが、コロナの影響で、より山や森の奥へ進むようになり、携帯も繋がらずロクに整備されていない未舗装路を、2WDの普通車で走ることに不安を覚えたのがきっかけ。購入したらすっかりジムニーの魅力にハマってしまい、よほどの遠出じゃなけれ普通車を使うことはなくなった。まだ所有歴が1年に満たない駆け出しだけれど、ココまで虜になった理由を考察してみたい。

実際にジムニーを所有するライターが「ジムニーが日本車最強」と言われる理由を解説画像はこちら

 まずは冒頭でも挙げたサイズ感。決して広くはなくクルマ1台がようやく走れる林道も多い日本では、ランドクルーザーのような大型のクロカンは正直いって持て余してしまう。その点ジムニーはコンパクトで車体の見切りもいいため、林道だけじゃなく市街地や狭い駐車場でも使い勝手がいい。そして軽自動車だけに維持費が非常にリーズナブルで、中古車価格が上がったとはいえラフに使うことを躊躇しないレベル。