「スタック」「横転」当たり前! ウインチまで使って争う驚愕のオフロードレースが存在した (1/3ページ)

「スタック」「横転」当たり前! ウインチまで使って争う驚愕のオフロードレースが存在した

四駆に乗る醍醐味を味わえるオフロード競技

 近年のキャンプブームに加えて、ランドクルーザー70の限定販売やハイラックスの再販、ラングラーやジムニーのモデルチェンジ等をきっかけにクロカン四駆が人気だ。せっかく本格的な四駆に乗っているオーナーであれば「その性能ってどんなもんだろう……」と思ったことがあるハズ。本格的な四駆オーナーであれば「その四駆性能ってどんなもんだろう……」と思ったことがあるハズ画像はこちら

 林道やフラットダートを走るだけでも気持ちいいが、SUVでさえ絶対に走れない激しい凹凸や急勾配、泥だらけの極悪路をクロカン四駆の性能を活かして走破するのはとても楽しい。そんな世界を本格的に味わえるのがオフロードレースだ。激しい凹凸や急勾配、泥だらけ極悪路まで走れるのがクロカン四駆の魅力画像はこちら

ツワモノ四駆ユーザー注目の競技「XCT-Dual」

 世の中には数々のレースが開催されていて、トライアル(テープで区切られたヒルクライムやモーグルを制限時間内にいかに減点せずに走り減点数で勝敗を決める競技)やロッククローリング(激しい岩場をライン指示役と組んで走破する競技)、クロスカントリーラリー(WRC等とは違い砂漠やジャングルをレッキなしでコマ図を頼りに長距離のコースを走行する競技)などの種類があるが、近年日本のオフロードシーンを盛り上げている超アグレッシブな「XCT-Dual(クロスカントリートライアル×デュアルの略)」というユニークなレースを紹介しよう。近年日本のオフロードシーンを盛り上げている超アグレッシブな「XCT-Dual(クロスカントリーデュアル)」画像はこちら

 XCT-Dualは一般のオフローダーである芳澤さん(愛車はラングラーTJ)が、「自分が出たいオロードレースを作りたい」という想いで2013年に開催したのが始まり。九州発祥の「弐人八脚」という競技をアレンジしたものだが、ルールはとてもシンプルで、2台1チームでエントリーして、3つセクション(オフロードコース上に作られた競技区間)を2台同時に走るというもの。九州発祥の「弐人八脚」という競技をアレンジした「XTC-DUAL」画像はこちら

 セクション内には2つのルートがあって、分担して必ず両方のルートを通過しなければならない。もちろんタイム計測によって順位が決まるが、制限時間は10分間。各セクションを合わせた平均順位がもっとも上位のチームがその日の勝者となる。つまりオンロードレース同様、速く走ってゴールすれば良いのだが、ひと筋縄では行かないのがこのレースの特徴だ。2台1組で別々のコースを走破する「XCR-Dual」画像はこちら

 速いチームは1〜3分台でゴールできるような短い距離の中に、ヒルクライム、モーグル、障害物、マッド、ロックなどの難関が用意されている。しかも、悪路走破性に優れたクロカン四駆の性能をフルに発揮しても、単独走行がギリギリ出来るか出来ないかの絶妙なレベルに設定されているので、ゴールすら出来ないチームも珍しくない。XCT-Dualにはヒルクライム、モーグル、障害物、マッド、ロックなどの難関が用意されている画像はこちら

画像ギャラリー