本当に効果があるの? 今や定番のエアロパーツ「ディフューザー」をGT-Rでテストしてみた (1/2ページ)

noteで書く
本当に効果があるの? 今や定番のエアロパーツ「ディフューザー」をGT-Rでテストしてみた

この記事をまとめると

  • R33スカイラインGT-Rにディフューザーを装着
  • 前後とも安定した、ような気がする
  • 繊細なドライバーなら法定速度内でも違いがわかる

ダウンフォースを発揮させる「縁の下の力持ち」

 自動車後部の下面に取り付けられるエアロパーツ「ディフューザー」。ウィキペディアには、床下を通過する気流を拡散して、車両底面を負圧にしてダウンフォースを発生させるためのパーツ、とある。

【関連記事】親から子へとカローラのバトン! 生まれる前から家にあったAE92オーナーの心意気【2022 RAYS FAN MEETING】

ポルシェ911RSR画像はこちら
 90年代のF1でマクラーレンホンダが通称「バットマンディフューザー」を採用したことで話題となった。市販車だとポルシェ911は964あたりですでに床面はフラットになっていたが「ディフューザー」と呼んでいいのかはちょっと怪しい。フェラーリは360モデナチャレンジストラダーレにディフューザーが装着されていた。国産の量産車では日産のR34スカイラインGT-Rが初採用した。正確には、フロント下部もカバーで覆い、ボディ前後にディフューザーを装着していた。後継モデルのR35GT-Rはボディ下面はフルフラットとなっている。

 教科書的な説明はさておき、筆者は「ディフューザー」が効果があるのか、実際に試したことがある。私は空力の専門家でなければ、自動車エンジニアでもない。ひとりのクルマ好きとして「体感できるか否か」をリポートしたい。著者自身の自覚としては、比較的鈍感なタイプだと思っている。

 テスト車は日産のR33スカイラインGT-Rだ。先に述べたR34GT-Rのひとつ前のモデルで、ボディ下面は特に処理されていない。そのR33の前後に、日産純正のディフューザーを装着してみた。

フロント:どしっと安定したような気がする

 まずフロント。R33GT-Rはレース専用グレードN1にのみ「フロントアンダーカバー」と称して、フロント下面がフラットになるカーボン製のカバーが設定されていた。日産の新型車解説書を読むと「ゼロリフトを実現」とある。実際の部品はフロントリップ部分+αのささやかなもの。R34はエンジン下面全部を覆うタイプだった。

【関連記事】親から子へとカローラのバトン! 生まれる前から家にあったAE92オーナーの心意気【2022 RAYS FAN MEETING】

R33N1純正フロントアンダーカバー画像はこちら
 実際に装着し、高速道路を走ってみた。スピードはもちろん法定速度、段差を乗り越えても、気持ち「フロントがどしっと安定してるかな?」レベル。多分にプラシーボ効果が高いような気がする。装着したことを知らされないで乗ったら、気が付かないかもしれない。R33N1純正フロントアンダーカバー画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー