釣り具業界が激震! 意外とハイクオリティだった「100均釣り具」でシーバスを狙ってみた! (1/2ページ)

釣り具業界が激震! 意外とハイクオリティだった「100均釣り具」でシーバスを狙ってみた!

100円ショップのハイクオリティ釣り具をバサーライターが試したみた!

 今、釣り業界に激震が走っている。アウトドアブームと並行して、外遊びの代名詞でもある「釣り」が注目されているが、このムーブメントに対して素早くリアクションしたのが「100円ショップ」。それまでは釣り具の大手チェーン店がトップランナーとして消費者と対峙していたが、最近ではダイソー、セリアなどが台頭し、リーズナブルな価格で釣り道具を提供するようになったのである。

【関連記事】コンビニの2階が客室!? 激安モーテルで過ごした夜に現代版『怒りのぶどう』を見ました──米国放浪バンライフ:Vol.09

100円ショップの釣り具でフィッシング画像はこちら ここでは釣り具ブランドに挑む100円ショップの「釣り道具」を手に入れ、その使い勝手について調査してみよう。

釣り系ユーチューバーも注目するほどの機能性を搭載

 初心者だけでなく、中・上級者にも衝撃を与えるラインアップを揃えているのがダイソーだ。数年前までは、お世辞にも「釣り道具」として評価されるものが少なく、棚を埋めるだけの「安かろう悪かろう」的なアイテムばかりだったが、一昨年あたりからバイヤーが「釣り好き」に代わったのか、釣り人の心をつかむ商品が並び始めたのである。

【関連記事】コンビニの2階が客室!? 激安モーテルで過ごした夜に現代版『怒りのぶどう』を見ました──米国放浪バンライフ:Vol.09

100円ショップの釣り具でフィッシング画像はこちら その証拠に、釣り系YouTubeでも「使ってみた!」や「釣ってみた!」というサムネイルが並び始め、今では100均の釣り具は視聴回数を稼げる重要なコンテンツになっている。

大型店舗では釣りデビューするための道具をすべて揃えることが可能

 今回、調査を兼ねてショップを偵察して見ると、釣り具コーナーの充実ぶりに驚かされた。陳列棚には竿、リールの他、魚種によって整理された仕掛けやルアー(擬似餌)、針、ウキなどが並べられ、とくに驚かされたのがルアーのバリエーションだ。100円ショップの釣り具でフィッシング画像はこちら また、釣りに関する周辺アイテムも多く、シーバスやコチ、黒鯛、ブラックバス、雷魚釣りにも重宝するフィッシュグリップ(魚つかみ)が用意され、驚きのワンコイン(500円)で販売されていた。もちろん、バケツや小物を入れるボックスなどは100均のお家芸なので、釣り具チェーン店に行かずとも全ての道具を100均で賄うことができる。

ツウも唸る商品ラインアップとコスパの良さは驚愕モノ

 今回、編集部が用意したのはロッド(竿)とリール、そして数種類のルアーとフィッシュグリップ。このセットを用意すればすぐにルアーフィッシングを楽しむことができる。内訳は竿/700円、リール/700円、ルアー/100円×5個、フィッシュグリップ/500円の合計2400円(税別)。100円ショップの釣り具でフィッシング画像はこちら これを釣り具専門店で揃えようと思えば1万円前後になってしまことを考えれば、そのリーズナブルさを理解してもらえると思う。さらに、竿とリールがセットになったものも1000円(税別)で購入でき、ルアー専用竿として180cm(5.9ft)と210cm(6.88ft)も同価格で用意されている。リールに関しては釣魚種に合わせて糸巻き量が異なる1000番(アジなどの小型魚)、2000番(ブラックバスなどの中型魚)、3000番(シーバスなどの大型魚)をラインアップしていたことには驚かされた。100円ショップの釣り具でフィッシング画像はこちら