クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 戦後直後は電気自動車が一般的だった? 日産リーフのご先祖「たま電気自動車」がスゴ過ぎた
CAR
share:

戦後直後は電気自動車が一般的だった? 日産リーフのご先祖「たま電気自動車」がスゴ過ぎた

投稿日:

TEXT: 御堀直嗣  PHOTO: Auto Messe Web編集部

電気自動車の源流を探ってみよう

 純ガソリンエンジンは減り、ハイブリッドが当たり前になってきた。今後は電気自動車や水素が増えていくだろう。今や日産リーフが当たり前のように走る時代になってきた。しかし、電気自動車は実は新しいモノではない。戦後間もなく多数のEVが発売されていた。その背景と、現在の日産リーフの先祖ともいうべき「たま電気自動車」、そして日産のEVへの取り組みに迫ってみよう。

日産リーフのルーツ「たま電気自動車」とは?

 たま電気自動車は、1947~50年に発売されていた、東京電気自動車製のEVである。東京電気自動車は、このEVの車名にちなんで、後に「たま電気自動車」と社名を変更している。

 東京電気自動車とは、戦時中の立川飛行機の流れを汲む自動車メーカーだ。戦後、航空機産業が解体され自動車製造業へ移行した例としては、中島飛行機の流れをくむ富士重工業(現SUBARU)も同様だ。たま電気自動車は、のちのプリンス自動車工業の前身でもある。そのことから、プリンスと日産自動車が合併したため、日産が2010年に売り出したリーフのルーツは、たま電気自動車になるとの筋書きが生まれる。

「たま」という車名の由来は、北多摩郡府中町に製造工場があったため、地名にちなんだと言われる。

ガソリン不足による電気自動車の誕生

 戦後、国内でのガソリンは配給制で、自由に購入できなかった。米軍による本土空襲で、民間人を含む死者が50万人に及び、国内各地が焦土と化し、産業も壊滅的であった。それでも水力発電による電力の供給はあったという。そこで、移動手段としてEVが求められた。

 オオタ号と呼ばれた小型トラックの床下に、鉛酸バッテリーを搭載し、エンジンに替えてモーターを搭載した。最高時速は35km/hで、一充電走行距離は65kmだった。まだニッケルカドミウムやニッケル水素、そしてリチウムイオンバッテリーのない時代であり、走行性能は限定的だったが、それでも、ガソリンが手に入りにくい以上、充電すれば走れるEVは貴重な存在だ。

 私は、1996年にダイハツが発売したミゼットIIを購入し、EVに改造して乗っていたが、当時もまだ手に入れられるのは鉛酸バッテリーしかなく、これを10個車載して走行できたのは、実走行として40km程度だった。したがって、たま電気自動車の性能は決して悪くはない。鉛酸バッテリーの限界まで使い切った性能といえる。

 1950年になると朝鮮戦争がはじまり、朝鮮半島へ向けて日本が連合国軍の最前線となったことにより、ガソリンの供給も回復。EVである必要がなくなった。それにあわせて、たま電気自動車の製造も終わった。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS