根性でバイクを自力レストア! MT車乗りの女子ライターが夢の「6輪」生活 (1/2ページ)

根性でバイクを自力レストア! MT車乗りの女子ライターが夢の「6輪」生活

「スバ女ライター」岩本が突如として始めた6輪生活を紹介!

 みなさん、こんにちは。自動車ライターの岩本佳美です。今回は私のカー&バイクライフを紹介したいというオファーをいただき、記事を書かせていただきます。

 職業柄、ユーザーさんの取材をさせていただくことは多いのですが、私自分の愛車を紹介するということはこれまでなかったので、少し不思議な感じですが、早速ご紹介したいと思います!

【関連記事】エアロパーツを装着する「メリット」と「デメリット」とは? 今さら聞けない「機能」や「費用」を徹底解説します

WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら 私はスバル車の専門誌「SUBARUマガジン」で執筆しています。きっかけは私がスバル車オーナーでインプレッサWRX STIを所有していることもあり、仕事はスバル車に関するものがほとんどです。

 スバルとの出会いは10年前になりますが、なんとなくフラッと入ったスバルディーラーで展示されていた3代目インプレッサにひと目惚れして購入したことから始まります。当時はクルマに対する知識が今ほどなく、スペックよりも見た目とか運転が楽しいクルマが好き、という漠然とした思いしかありませんでした。WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら もちろんスバルのことも詳しくなくて、レガシィやインプレッサの名前は「聞いたことがあるかな……」という程度。インプレッサに乗るようになってからも当時はそこまでスバルに関心があった訳ではなく、スバルが好きというよりは「自分の愛車が好きだった」という感じでした。

 そんなときに転機が訪れたのは、インプレッサに乗り始めて1年が過ぎたときです。友人たちと私のクルマで旅行に出かけた帰り道に、友人の運転で事故を起こしてしまいました。土砂降りの高速道路でハイドロプレーニングが起こり、本線と出口の分岐に正面から衝突。その衝撃で側壁に激突するという激しい事故でした。

 幸いみなほとんど怪我することはなかったのですが、もちろん愛車は廃車です。ショックが大きく、次のクルマのことを考えられる状態ではありません。その当時は生活する上でクルマがないと不便な場所に住んでいたので、レンタカーや親のクルマを借りるなどして過ごしていました。

 ただ運転する度に物足りなさを感じる日々を2週間ほど過ごしたときに、ふと「インプレッサよりいいクルマって何なんだろう……」という疑問が生まれました。ネットで検索しているうちに「WRX」というクルマがあることを、このとき初めて知ります。WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら

 しかも自分が乗っていた3代目インプレッサがワイドボディになり、さらにエンジンパワーが308psもあるという私にとっては衝撃のクルマです。それからというものWRXについて検索したり、中古車サイトをネットサーフィンする毎日……。そこで走行距離わずか5500kmの極上車と運命的に出会うことができました。もちろん、善は急げですぐに電話して、2日後には現車を見に行きました。

 あのときの自分の行動力は、いま思うと完全に恋するオトメ状態。まだ写真しか見ていないのに、心のどこかで「買うだろうな〜」と思っていました。WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら

 もちろんクルマは想像どおり満足できる個体で、ひと通り説明を受けると購入手続きを済ませ、晴れてWRX(3代目インプレッサWRX STI、以下GRB)オーナーになりました。ここから私のカーライフは劇的に変わります。

楽しい仲間たちに恵まれて自動車ライターの道へ

 仕事を終えてどんなに疲れて帰宅しても必ずクルマに乗る時間を作り、夜な夜な目的地を決めることなくドライブに出かける毎日。同時にカスタムにも目覚め、自分でDIYしたりと我がことながら驚くほどのめり込みました。

【関連記事】エアロパーツを装着する「メリット」と「デメリット」とは? 今さら聞けない「機能」や「費用」を徹底解説します

WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら するとクルマ仲間が少しずつ増え始めます。クルマはひとりで楽しむものだと思っていた私にとって、仲間と自分の好きなクルマやメーカーについて語り合ったり、クルマを並べて写真を撮ったり、洗車をしたりする楽しい日々を過ごしていました。

 結果的にそのときの仲間との繋がりがキッカケで現在、自動車ライターとして充実した人生を送っています。クルマとの出会いが私のいまのライフワークになっていると考えると、とても面白い人生だな〜と思います。

永く乗り続けるため愛車のメンテナンスに気遣う日々

 GRBを購入してから今年で8年目になります。1台のクルマをここまで長く乗り続けてきたのは初めてです。ちなみに、この間、一度たりとも乗り替えを考えたことはありません。

 3年前まではドレスアップやチューニングのことしか考えていなかったのですが、今はいかにこのクルマの性能をフルに発揮し、味わい尽くすことができるかで頭がいっぱいです。中途半端になっていたカスタムも仕切り直して純正に戻したり、数年前からサーキット走行にも目覚めました。WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら

 そこから徐々に自分のレベルに合わせて必要だと思うパーツを装着していくというのが、もっぱらの楽しみとなってます。そんな私の愛車は走行距離も気が付けば14万km。サーキットを走っていることもあり、ずっと乗り続けたいと思ってはいてもメンテナンスの回数も増えてきたりと、頭を悩ますことが増えてきました。

愛車の過走行を抑えるための増車計画からバイクライフが始まる

 何年も前から真剣に増車することを考えていましたが、経済力的にちょっと無理かな〜と諦めていたとき、ふと「クルマじゃなくてバイクなら所有できるかも!」と思い始めました。

 じつは、以前クルマよりもバイクの免許が欲しかったことがあり、18歳のころにバイク免許取得の相談を両親にしたところ猛反対され、泣く泣くクルマの免許を取得しました。

 教習所に通ってみると、クルマの運転の楽しさに目覚めてしまいそれ以降バイク熱はすっかりなくなってしまったのですが、そのバイク熱が再燃。そして去年の3月に二輪免許を取得するため、教習所に入校しました。WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら しかし、このころはすでにコロナ禍で、通い出したばかりの教習所は緊急事態宣言発令で休校になってしまうなど前途多難でした。いつ解除されるかわからない状況で早くバイクに乗りたいと考えながら過ごす退屈な日々。

 そのとき、また突拍子のないことを考え始めます。それがバイクのレストアでした。クルマのメンテナンスやカスタムは簡単な作業であればDIYしていたので「バイクも自分でイジりたい」と。どうせなら免許取得後に乗るバイクは、自分でレストアしたら幸せかななんて考え始めます。WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら

 それ以降、ヤフオクでバイクを探しする日々が始まりました。しかし、これもコロナ禍の影響でしょうか? 待ち受けていたのはヤフオクでのバイク価格の高騰です。なかなか予算内で購入できそうなバイクが見つかりません。WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら

 そんな時、友人から「バイクを手放す人がいるんだけど……」という願ってもない話が舞い込んできました。車種はヤマハのTW200 。車検がないので250cc以下のバイクが欲しいと考えていた私はすぐに飛びつきました。WRXとTWの幸せな6輪生活画像はこちら

 TW200といえば「ビューティフルライフ」というTVドラマでキムタクが乗っていたことで人気を博しオフロードバイク。ストリートチューンなどのカスタムベースとして爆発的に売れたバイクで、空冷単気筒ということもあってメンテナンス性が高いところも、私に刺さった理由です。