「ジムニー」「タフト」「ハスラー」! アウトドアで使い倒せる軽はどれだ (1/2ページ)

「ジムニー」「タフト」「ハスラー」! アウトドアで使い倒せる軽はどれだ

収納スペースで選ぶならハスラーがベスト!

 アウトドアのためのクルマ選び。それもコンパクトなクルマ、道幅が狭い獣道を進むのにも適している軽自動車から選ぶとしたら、どんなクルマが向いているだろうか。

 多くの人が候補に挙げるのは、そのルックスからしてアウトドア向けな、スズキ・ハスラー、ダイハツ・タフト、そしてスズキ・ジムニーではないだろうか。デザインの好みは人それぞれだが、実際にアウトドアに出かけ、使いにくいと感じることだけは避けたいところ。アウトドアなら荷物はけっこうな量になるし、車中泊を楽しみたいと考えている人もいるはずだ。ここでは、アウトドアに向くクルマの要件を、3つに分けて、それぞれのクルマの適合性を検証してみたい。

【関連記事】“ギア”感たっぷり! スズキ「ハスラー」にダイハツ「タフト」などアウトドアが楽しくなるオススメ軽カーを紹介します

スズキ・ハスラーのオプション車両画像はこちら

荷物の積載スペースはハスラーが優位

 まずは荷物の積載性だ。家族3〜4人でアウトドアに出かけるとして、後席使用時のラゲッジスペースのフロアの寸法は、ジムニーが奥行き240mm、幅1300mm、高さ850mm。タフトは奥行380mm、幅870mm、高さ800~935mm(後者はフロアボードを外した状態)。

【関連記事】“ギア”感たっぷり! スズキ「ハスラー」にダイハツ「タフト」などアウトドアが楽しくなるオススメ軽カーを紹介します

ダイハツ・タフトの内装画像はこちら

 ハスラーは奥行280mm~450mm、幅1090mm、高さ870mmである。荷物の積載では、奥行きが決め手になるはずで、左右独立で160mmの後席スライド機構付きのハスラーが、奥行き、幅、高さともに優位ということになる(タフトは後席スライド機構なし)。スズキ・ハスラーのラゲッジスペース画像はこちら

 実際、家族3人で那須高原へのアウトドアドライブを楽しんだ経験があるが、荷物の積載に困ることはなかった。

 また、重い荷物の出し入れのしやすさという点では、タフト、ハスラーともに約700mmと変わらないので、同等と言っていいだろう。ジムニーは約760mmと、SUVの中でも高めである。スズキ・ジムニーのラゲッジスペース画像はこちら

2人乗車ならタフトもハスラーも問題なし

 とはいえ、ハスラー優位なのは、あくまで後席使用時の話。2人乗車であれば、後席を格納することで、3車ともにラゲッジスペースの奥行きは一気に拡大する。具体的にはジムニーが1090mm、タフト1270mm、ハスラー1360mmとなる。こうアレンジすれば、ジムニーでも2人分のアウトドアの荷物を、余裕で積み込めるはずだ。スズキ・ジムニーの室内画像はこちら

 ただ、もっとも大容量なのは、やはりハスラーということになる。ちなみに、3車ともに、後席格納時の拡大フロアはほぼフラット。荷物の積載性、出し入れ性は文句なしである。

車中泊をするならハスラーがオススメ

 つぎに、車中泊性能だ。アウトドアドライブの目的が車中泊でなかったとしても、いざというときに、あるいは車内での仮眠に、大人が足を伸ばして休めるのに越したことはない。そこで求められるのが、後席、前席を格納してのフラットフロア=ベッドスペースアレンジの可否である。

 その点で優れるのも、ハスラーである。そもそも前席はサイドサポート性をやわらげてまで、フルフラットモードにこだわっていたりする。スズキ・ハスラーのシートをフラットにした状態画像はこちら

 結果、前後席を倒し、ラゲッジスペースとつなげたときの奥行き=ベッド長はなんと2040mm!!に達し、大人2人がゆったりと足を伸ばして横になれるのである。加えて、車中泊対応の純正アクセサリーが豊富に揃っているのもハスラーである。車中泊を目的とするなら、ハスラーがベストと思える。