「ジムニー」「タフト」「ハスラー」! アウトドアで使い倒せる軽はどれだ (2/2ページ)

悪路走破性でいえばジムニーがイチバン安心!

 アウトドア派が、クルマの性能面で気になるのが悪路の走破性ではないだろうか。4WDを選ぶとして、最低地上高はジムニーがかなり本格な205mm、タフトが190mm、ハスラーが180mmだ。

【関連記事】ベース車両は469万円から! フィアット「デュカト」の正規販売店が決定、キャンピングカー仕様は2023年にお披露目予定

スズキ・ハスラー画像はこちら

 世界中で定評ある本格クロカンとして、伝統のラダーフレームやパートタイム4WD、機械式副変速機を用いたジムニーが、悪路で最強なのは当然だ。しかし実際問題、日本でジムニーでしか足を踏み込むことができないような悪路の先に、アウトドアフィールドがあることはほぼない。スズキ・ジムニー画像はこちら

 そんなところでキャンプ場などを経営しても、お客さんが寄りつかないのだ。今流行りの、個人で山を買って(借りて)開拓するようなシーン、未開の荒野に挑戦するような特殊なシーンを除いて、タフト、ハスラーともにFFでも十分、4WDならさらに安心……といったところだろう。ダイハツ・タフト画像はこちら つまり家族で気楽に楽しめる、整備されたアウトドアフィールドでは、走破性は最優先項目にはならないと考える。

頭上の解放感が味わうならタフト

 と、ここまでのアウトドア向け軽自動車の要件としてハスラーがリードしているのだが、クルマとの付き合いは、アウトドアだけではない。日常の相棒としての資質も重要である。そこで光るのが、タフトのスカイフィールトップと呼ばれる、ルーフの多くの部分を占めるガラスルーフだろう。ダイハツ・タフトのガラスルーフ画像はこちら

 コンパクトクロスオーバーSUVにして、オープンカー的な頭上の解放感、眺めが特徴的であり、アウトドアドライブでも爽快感に直結する。ダイハツ・タフトのガラスルーフ画像はこちら

 これはジムニー、ハスラーに望めない装備と言える(しかもタフトは全グレードに標準装備)。ジムニーはやはり、メルセデス・ベンツのGクラスを彷彿させる本格感が大きな魅力。多少使い勝手面でここで比較した2台に劣ったとしても、所有する満足感は極めて高いはずである(納期の長さは覚悟だが)。スズキ・ジムニーのリヤビュー画像はこちら

車中泊まで想定するならハスラー一択

 ハスラーに関しては、デザイン、使い勝手、車中泊性能の良さもさることながら、軽自動車の域を超えた走行性能、フラットライドに徹した乗り心地の良さによるクラスベストな快適感などが、遠路にあることが多いアウトドアフィールドへのドライブに向いていると思える。ダイハツ・タフトのイメージカット画像はこちら

 実際、東京~那須高原(片道約200km)をターボモデルで往復し、アウトドアライフを楽しんだことがある。だが、運転にかかわるストレス、疲労はほぼなかったぐらい、走りは想定外に快適だったのである。

 結論として、アウトドア、キャンプを楽しむなら、全車OK。クルマの見た目、4WDなら悪路の走破性も文句なしで、頼もしい相棒になってくれるはずである。しかし、車中泊まで想定するなら、車中泊用アクセサリーも充実したハスラーということになるだろうか。