HREタンドラが前戦に続き2連勝! 年間ランキングも2位に浮上【2021NASCARトラックシリーズ第15戦】 (1/2ページ)

HREタンドラが前戦に続き2連勝! 年間ランキングも2位に浮上【2021NASCARトラックシリーズ第15戦】

シリーズポイントも2位に浮上してレギュラーシーズンを終了

「カップ」「Xfinity(エクスフィニティ)」「Camping World Truck(トラック)」という、アメリカでもっとも人気のあるカーレースである「NASCAR(ナスカー)」。その3大カテゴリーのうちのひとつである、トラックシリーズに長年参戦してきた「HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)」は、ナスカー界で唯一の日本人チームオーナーである服部茂章代表が率いるチームだ。

 今季も若手オースティン・ヒル選手を起用しトラックシリーズに参戦を続けているが、その第15戦「United Rentals 176」がワトキンス・グレン(ザ・グレン)で開催となった。このサーキットは古くはアメリカF1も開催したことのある由緒あるサーキット。ニューヨーク州にあるがマンハッタンからは遠く、自然豊かな丘陵地帯に位置する1周3.37マイル(5.43km)の高低差の大きなロードコースである。

第1ステージは19位でチェッカー

 現地時間8月7日(土)に開催されたこのレースは、フリー走行と予選は実施せず、決勝レースのみを行うレースフォーマットでの開催。決勝グリッドは前戦のレース結果からの抽選で決まるが、ここでHREの16号車はポールポジションを獲得した。

オースティン・ヒル選手 そして迎えた決勝レースは午後12時30分にグリーンフラッグが振られた。今回のレースは、第1ステージが20周、第2ステージが47周の各チェッカーの後、最終ステージ72周目のゴールを目指す。ポールポジションから好スタートを決めたヒル選手は、レースをリードしていく。しかし、8周目には後続のクラッシュによりイエローコーションが出され、このリスタートの1コーナーでのブレーキング競争で5番手に後退する。

 その後もトップグループでレースを続けるが、チームは第2ステージのポジショニングを優先してステージブレイク前となる18周目にピットインを指示。給油と4本のタイヤ交換を行い、第1ステージを19位でチェッカーを受ける。このステージブレイクではコースに留まったことで、3番手から第2ステージのスタートを切ることになった。

ナスカートラック16号車のレースシーン

アメリカの人気モータースポーツであるナスカーに、長年参戦している服部茂章氏率いる「HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)」。そのトラックシリーズ第15戦が開催され、見事2連勝。シリーズランキングも2位に浮上した。