新型コロナの猛威も怖くない!?「3密」を回避できる「車中泊キャンプ」が人気爆上がり (2/2ページ)

noteで書く

それでも注意すべき点とは?

 オリンピックのバブル方式でも、実際は一部の選手の選手村外無断外出など、多少のほころびがみられたようですが、バブル方式「車中泊キャンプ」も完璧ではありません。それは、どうしても外界との接触が必要になることがあるからです。いくつかの状況を考えてみましょう。

【関連記事】家に帰るまでが……じゃなくて帰ってからもキャンプ! 自宅で使ったギアのメンテを楽しんでこそ本当のアウトドアライフだった

キャンピングカー画像はこちら

【買い物】

 自営業や生産者でない限り、クルマ旅に必要なものはどこかで購入しないといけません。食材や消耗品などの購入は、できるだけいつもの自宅周辺で済ませた方が安全です。また、買いに出ないためにも、通販で用意できる食材は事前にポチっとしておきましょう。道の駅でお買い物画像はこちら

【食事】

 旅に出たら、現地ならではの食事が楽しみですが、できれば用意した食事を車内で食べるようにしましょう。なかには、クルマまで食事をデリバリーしてくれるお店もあります。走る家から出前を取るのも、なかなか面白いです。フードデリバリー画像はこちら

【トイレ】

 トイレが装備されているキャンピングカーでない限り、下半身がうずいたらSA/PAか道の駅などの公衆トイレを使うしかありません。生理現象は避けては通れないので、たかがトイレと思わずマスク着用の上、今は大概の施設で入り口にアルコール消毒もあるので、トイレ前のお清めのつもりで除菌に努めましょう。トイレ画像はこちら

【チェックイン・チェックアウト】

 これは、RVパークや宿などでは、やはり避けては通れない作業です。お金の支払いもあるので、これもトイレ同様にマスク&除菌の完全防備で対処しましょう。なかには、RVパークsmartのように、無人チェックインの施設もあるので、そのようなパークを選んで利用するのもありかと思います。チェックインチェックアウト画像はこちら

【お風呂】

 これもまた、シャワー装備のあるキャンピングカー以外では、とくに暑い季節は避けては通れません。ご婦人などは、一日一度どころか、朝夕に入浴したいという方もいます。入浴時はマスクも着用できませんから、その分、危険度も高くなりますので、黙浴に徹しましょう。

 加齢臭が激しくなるおっさんも、入浴しないと車内で嫌がられます。なかには、シャワー設備があるRVパークもあるので、入浴客の多い温泉よりはそちらの方が安全かと思われます。温泉とシャワー画像はこちら

究極のバブル方式「車中泊キャンプ」は最高!

 以上の点を注意さえすれば、やはりほかの交通手段・宿泊手段よりは安全なバブル方式車中泊キャンプと言えます。勿論、コロナ対策の基本である、マスク着用、手洗い慣行、アルコール除菌、NO密環境などを守れば、さらに安全度が増すと言えます。北海道車中泊旅画像はこちら 一方で、外出そのものが怖いので、ぱあ~っと晴れわたった青空の下でも、家の中に巣篭りする方もいるかと思います。ですが、地底人ではあるまいし、人間は植物のように光合成はしないけど、気持ちの良い屋外に出て活動しないと、心身ともに宜しくありません。こんな厳しい状況ですが、そのなかで取れる最善策として、究極のバブル方式「車中泊キャンプ」を検討されては如何でしょうか!

noteで書く

画像ギャラリー