クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「通勤快速車両」にしては本気すぎる! VTECサウンドを響かせる究極の「510ブルーバード」
CLASSIC
share:

「通勤快速車両」にしては本気すぎる! VTECサウンドを響かせる究極の「510ブルーバード」

投稿日:

TEXT: HIACE style編集部 PHOTO: HIACE style編集部

自動車業界人こだわりの愛車を紹介

 仕事もプライベートも大好きなクルマにどっぷり! そんな愛すべき自動車業界人は、普段どんなクルマに乗っているのだろうか? 今回紹介するのは日本屈指のステアリングボス/ハンドルボスの製造メーカー「ワークスベル」の奥村明弘氏だ。

初出:HIACE style vol.87付録(一部加筆)

 

S2000のエンジンを搭載した究極の510ブルーバード

 先輩が乗っていてとてもカッコよく、昔から憧れていたブルーバードを遂に手にした奥村氏。このクルマは、快適通勤車両にしたいということから、エンジン、ミッション、空調系などをすべてS2000用に換装した。そのため、パワフルかつスムースにドライビングすることができ、まさに快適に乗れる旧車だ。510ブルーバード ボディカラーは、フィアット500アバルトの純正カラーにオールペンし、バンパー、ウインカー、ヘッドライトなどを交換。510ブルーバードフューエルリッドのキー穴とトランクリッドのキー穴をともにスムージングし、現代のクルマ同様車内からのオープナーによって開けることができる。エキゾーストマニホールドやマフラーはワンオフ。もちろん、電動パワーステアリングを装備している。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS