「ブルーバード」「バイオレット」「240RS」! 「ラリーの日産」黄金期を支えた「戦闘機」4選 (1/2ページ)

「ブルーバード」「バイオレット」「240RS」! 「ラリーの日産」黄金期を支えた「戦闘機」4選

ラリーで歴史を刻んだ名車たち

 ラリーで活躍した日本車というと、どんなクルマが思い浮かぶだろうか。最近ならトヨタのGRヤリス、少し前なら三菱のランサーエボリューションとスバルのインプレッサ。それにトヨタのセリカといったところか。しかし、1980年代までは「ラリーの日産」と言われるほど、日本でラリーに力を入れているメーカーといえば日産だった。

 そうした「ラリーの日産」時代を彩ったラリーカーを振り返ってみよう。

ブルーバード510

 日産自動車が初めて参加した国際ラリーは、1958年の第6回豪州ラリー。オーストラリア大陸を一周(1万6000km)する過酷なラリーで、ダットサン210型がクラス優勝。そして1963年からはサファリラリーに挑戦。初年度はブルーバード1200(P312)で、のちにNISMOの初代社長になる難波靖治がドライバーとして参戦(リタイア)した。

【関連記事】ギリギリ庶民でも買える! 「フェラーリ」「アストンマーティン」「ロールス・ロイス」が仕立てた「小粒コラボ車」4台

サファリラリーに参戦したブルーバード1200(P312)画像はこちら

 初優勝(総合優勝)したのは、1970年のサファリラリーで、マシンはブルーバード1600SSS(P510)だった。じつはその前の1966年、ブルーバード411が日本車として初めてサファリラリーでクラス優勝している。この年(1966年)のサファリでは、悪天候のため完走したのはわずか9台!

 ちなみに、サファリラリーでの日産の奮闘ぶりは、石原裕次郎主演の映画「栄光への5000キロ」にもなり、大ヒットとなった。サファリラリーに参戦したブルーバード510画像はこちら

フェアレディ240Z

 そうして活躍したブルーバードの後継車に選ばれたのは、1969年にデビューしたフェアレディZ(S30)。エンジンは510ブルーバードで実績のあったL16(直列4気筒)と同じボア・ストロークの直6エンジン=L24(2400cc)を搭載。3基のソレックスキャブなどでチューニングされ、初期から200psのパワーがあり、最終的には250psまでパワーアップを果たしている。モンテカルロに出場した240Z画像はこちら

 国際的なラリーでは1970年のRACラリーでデビュー(10位)。1971年のモンテカルロラリーで5位になり、同年初めてのサファリラリーで優勝。ポルシェ911、フォード・エスコートなど強力なライバルを抑えてのサファリ制覇だった。

 翌1972年はモンテカルロで総合3位。ドライバーはアルトーネンで、コ・ドライバーはF1でシューマッハがフェラーリに黄金期をもたらした際、同チームの監督だったジャン・トッド(現FIA会長)だった。モンテカルロに出場した240Z画像はこちら

 ちなみにラリーの世界選手権、WRCがはじまったのは1973年から。この年、日産は240Zでサファリラリーに出場し総合優勝している。また、日本車ではじめてWRCを制したマシンとして記録されている。

画像ギャラリー