本当に「このクルマから、クルマが変わった」世界をマジで震撼させた「初代セルシオ」 (2/2ページ)

オプションには車内ファクシミリもあった

 そのほかカタログには自動車電話や、グローブボックス内に格納するファクシミリも販売店装着オプションとして紹介されている。ほかにも超音波雨滴除去装置付きドアミラーや、Hiモードで払拭角度を狭めて効率的な作動を可能にしたワイパー(フルエリアワイピングシステム)なども搭載。今ではキーレスがあたり前だが、キーヘッドのボタンを押して車外からドアの施錠と解錠を行うワイヤレスドアロック(ブレードは内溝式)、シート表皮ごとに音をチューニングしたというスーパーライブサウンドシステム(DATも設定された)など、まさに贅を尽くしたクルマに仕上げられていた。

【関連記事】お洒落キャンピングカーとして「ベッドフォードCA」に注目! なぜいま英国のクラシック商用車が新鮮なのか?

携帯電話などVIPビジネスマン対応の装備画像はこちら 現在はレクサス・チャンネルが日本でも展開されるようになり、セルシオの名はなく、LSとして日本の道を走っている。現役当時の初代セルシオは、今思い返せば、控えめでしとやかな、いかにも日本の高級車らしいクルマだったような気がする。

画像ギャラリー