クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • アウトドアでとっても重宝! 汚してもガシガシ綺麗にできる「タフな室内」のクルマ9選
カーライフ
share:

アウトドアでとっても重宝! 汚してもガシガシ綺麗にできる「タフな室内」のクルマ9選

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: 日産自動車/本田技研工業/SUBARU/Auto Messe Web

アウトドア派にオススメの軽自動車にも採用が進む

スズキ・スペーシアギア/スズキ・ジムニー
三菱eKクロススペース/ダイハツ・ウエイク

 撥水、防汚加工されたシートは軽自動車にも採用例が多い。例えばスズキのスペーシアギアがそうで、見た目のクロスオーバー感もさることながら、撥水加工のシートや防汚加工されたラゲッジルームが自慢。

スペーシアギア また、スペーシアギア同様にアウトドア派に人気の三菱ekクロススペース、ダイハツ・ウエイク、スズキ・ジムニーなどにも、撥水加工シート、汚れに強いラゲッジスペースの素材が使われている。

ジムニーeKクロススペースウエイク

普通のコンパクトモデルに採用される例も

ホンダ・フィット

 意外なのは、コンパクトカーでもグレードによって、撥水加工シートが採用されていること。一例を挙げれば、コンパクトカーのホンダ・フィットのNESSグレードには、クロスオーバーモデルのフィットクロスター、コンパクトミニバンのクロスオーバーモデルであるフリードクロスター同様の撥水シート、ソフトパッドが採用されているから心強い。

フィット というわけで、撥水加工や防汚加工が施されたシート&ラゲッジルームを持つクルマは、国産車であれば軽自動車、コンパクトカーからクロスオーバーモデル、本格SUVにまで広がり、じつは選び放題。車内の掃除が億劫ながら、子育て世代や、車内に汚れを持ち込みやすいアウトドア派、各種スポーツにクルマを使い倒している、車内が汚れやすい環境にある人にとって(雨男、雨女含む!?)、絶好のチョイスと言っていいだろう。

1 2
  • エクストレイルの外観
  • エクストレイルのシート
  • フォレスター外観
  • フォレスターシート
  • クロスビー
  • スペーシアギア
  • ジムニーeKクロススペースウエイク
  • 撥水シート
  • フィット
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS