日産初のハードトップ車は「ローレル」「スカイライン」「バイオレット」のうちどれ? 超希少なカタログで振り返る (2/2ページ)

ブルーバード

 一方で2ドアのハードトップは、1971年8月に登場したブルーバードUにも設定があった。ブルーバードとしては4代目にあたり、先代の510型から一転、ふくよかなスタイリングが特徴。Jラインと呼ばれた、サイドウインドウのアクセントがデザイン上のポイントで、スカイライン同様に、6気筒と4気筒で2種類のホイールベースを設定した。

【関連記事】ホンダ「S2000」のレーシングスペックのエンジンに感激! ホンダらしさ全開のオープン2シーターを振り返ろう

日産ブルーバードのカタログ画像はこちら とくにホイールベースとフロントオーバーハングを伸ばした6気筒の2000GTシリーズは、2分割の独立型フロントグリルを採用。存在感のある外観を持ち、片や4気筒シリーズには1800、1600のSSSが用意された日産のハードトップ車画像はこちら

バイオレット

 そのほか1973年1月登場のバイオレットにもファストバック・スタイルのハードトップが用意された。このモデルは型式を710型。ブルーバードの系列にあり、大型化/高価格化されたブルーバードUよりも身近なモデルとして用意されたもの。日産バイオレット画像はこちら SSS系のみリヤサスペンションに独立式(セミトレーリングアーム式)が採用されるなどした。比較的コンパクトなボディで、筆者は中学生のころ、自転車を走らせてディーラーに実車を見に行き、運転席に座りながら「なかなか車両感覚が掴めそうなクルマじゃん」などと思ったことを記憶している。日産バイオレット画像はこちら

シルビア

 もう1台、1975年9月登場のシルビアも、じつに個性的なスタイリングのハードトップだった。当時のサニーをベースとし、トレッドがいかにも狭いことは如何ともしがたかった。だが宇宙船か何かのようなほかに例をみない斬新なスタイルは、初代とは脈絡はなかったものの、当時のスペシャルティカーとしては注目を集めた1台だった。ボディ同色のファッションホイールカバーなども用意された日産シルビアのカタログ画像はこちら リアルタイムで当時をご存知なら、好き嫌いもあったかもしれない。けれど時代が何周か回って、今はそうした個性が愛おしく思える……そんな気持ちをこの時代のハードトップは呼び起こしてくれる気がする。