クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選
OUTDOOR
share:

ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: 本田技研工業/Auto Messe Web

ホンダN-VAN

 じつは、価格的にも手に入れやすい軽自動車でも、車中泊、仮眠しやすいクルマがある。1台目はホンダのN-VANだ。

N-VANのスタイリング すでに車中泊用のカスタマイズカーも数多く販売されているほど。基本は“働くクルマ”ながら、スタイルグレードを選べば、N-BOXのような走りの良さや快適度、シートのかけ心地の良さこそ得られないものの、止まったら怖いものなし!? なのである。

N-VANの後席部分 何しろ、ほぼ完全にフラットになるシートアレンジによるベッド長は最大2635mm。高身長の大人が真っすぐに横になれるだけでなく、身長130cmの子どもが縦にふたり寝られるのである。フリード+同様、アウトドア、車中泊用の純正アクセサリーも豊富に揃うから、自身でのカスタマイズは自由自在。自分だけのN-VANを仕立てる楽しみもある。

N-VANの車中泊イメージカット

スズキ・ハスラー

 意外性のある車中泊カーという意味では、スズキのハスラーを挙げたい。軽自動車の域を超えた乗り心地の良さが魅力のクロスオーバー軽だが、前席のサイドサポート性よりフラットアレンジを優先したと言うほど、アウトドア、車中泊性能にもこだわった1台なのである。

ハスラーのスタイリング さすがに軽自動車の室内空間だから、前席の背もたれまで倒した前後席フラットアレンジにはなるのだが、その際のベッド長は何と2040mm。その上、純正アクセサリーとして全長2100mmのベッドマットレス的なリラックスクッション、車体後部に設置するカータープや、ウインドウ全周のプライバシーカーテンまで揃えているのだから、まさに車内で寝てください!! と言わんばかりの、悪路にも強いオールラウンダーなのである。

1 2
  • フリード+のスタイリング
  • フリード+のラゲッジスペース
  • シエンタのスタイリング
  • シエンタのシートアレンジ
  • ステップワゴンのスタイリング
  • ステップワゴンのシートアレンジ
  • ステップワゴンのわくわくゲート
  • N-VANのスタイリング
  • N-VANの後席部分
  • N-VANの車中泊イメージカット
  • 車中泊のイメージカット
  • ハスラーのスタイリング
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS