「スキーウエア」も意外と使える! 秋冬キャンプで持っていきたい「暖かウエア」6選 (1/2ページ)

noteで書く
「スキーウエア」も意外と使える! 秋冬キャンプで持っていきたい「暖かウエア」6選

この記事をまとめると

  • 秋から冬にかけてのキャンプは暖をとることが大事
  • 気温差が激しく、体調管理や服装に注意が必要
  • オススメの暖かウエアを紹介

ベースレイヤーは保温+吸湿速乾性が大事

 秋冬キャンプはレイヤリング(重ね着)が基本。とくに1番最初に着用する肌着は気軽に脱ぎ着できない分、設営時にかいた汗を素早く吸水拡散し、かつ保温性のあるものがオススメです。最近では「メリノウール」が注目されています。秋冬キャンプで暖をとるためのウエア

アウターは火の粉に強いと心強い

 焚火中に薪が爆ぜ、火の粉がついて穴が開いてしまうこともしばしば。アウターにはナイロンやフリースなど化学繊維のものではなく、コットンや難燃素材を使用したものがオススメです。「焚火ウエア」などで検索するとヒットしやすいです。秋冬キャンプで暖をとるためのウエア

ポケッタブル仕様のアウターは持ち運びに便利

「突然の雨でアウターが濡れた」「想像以上に寒い」など、万が一のために持っておくと安心なのが持ち運びに便利なポケッタブル仕様のダウン。写真はワークマンのシームレスミドルジャンパーで、秋は軽防寒アウターとして、冬はミドルレイヤーとして活用できます。秋冬キャンプで暖をとるためのウエア

noteで書く

画像ギャラリー