幻の「カウンタックLP500」が「復刻」! 2万5000時間かけて行われた「執念の再製作」の舞台裏 (1/3ページ)

noteで書く
幻の「カウンタックLP500」が「復刻」! 2万5000時間かけて行われた「執念の再製作」の舞台裏

この記事をまとめると

  • クラッシュテストで消失したランボルギーニ・カウンタックLP500が1台のみ復刻
  • ランボルギーニのヒストリック部門「ポロストリコ」が完璧に再現
  • 当時装着をしていたCinturatoCN12タイヤも製作

ランボルギーニのヒストリック部門がカウンタック LP500を完璧に再現

 以前、トヨタのMR-Sをベースとしたランボルギーニ・カウンタック LP500レプリカを愛用しているシンジさんの記事を掲載した。今度は、なんと、本家のアウトモビリ・ランボルギーニがLP500の再製作プロジェクトを完遂したという。

【関連記事】超極悪燃費のリッター750mってマジか! ランボルギーニの元祖市販SUV「LM002」

ランボルギーニ・カウンタックLP500画像はこちら 去る10月1日からイタリアのコモ湖で開催された、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステのコンセプトカー・クラスに出品したというニュースが飛び込んできたのだ。

市販に向けたテストカーはクラッシュテストに使用されて消失

 カウンタック LP500といえば、その斬新なエクステリアデザインをベルトーネ在籍時のマルチェロ・ガンディーニが担当。1971年のジュネーブ・モーターショーにおいて、ランボルギーニのブースではなくカロッツェリア・ベルトーネのブースに展示されたイエローのLP500(デザイン・コンセプトだった)は、その後、市販に向けたテストカーとして使われ、最期はクラッシュテストに使用されて残念ながら消失したことで知られている。

【関連記事】超極悪燃費のリッター750mってマジか! ランボルギーニの元祖市販SUV「LM002」

ランボルギーニ・カウンタックLP500画像はこちら 今年はLP500が登場してからちょうど半世紀。生産台数112台の限定モデルとして今夏にリリースされたカウンタック LPI800-4がカウンタックのデビュー50周年を飾るに相応しいモデルだな……などと素直に思い、喜んでいたが、強烈な真打が控えていたのだ。ランボルギーニ・カウンタックLP800-4画像はこちら 今回、カウンタック LP500を完璧に再現したのは、ランボルギーニのヒストリック部門として2015年に発足し、同社の歴史的アイデンティティを維持する責任を負っているポロストリコ(Polo Storico)である。

市場で入手できなくなったスペアパーツの製造を行うポロストリコ

 おもな職務のなかには、2001年までに生産されたすべてのランボルギーニ車の認証と修復も含まれている。この目的のために、ポロストリコはアーカイブを構成している新旧ソースの保存と取得を監督。すべてのヒストリック・ランボルギーニの価値を確立し、保存することを可能としているのだ。古典的なランボルギーニ愛好家からの要求により、市場で入手できなくなったスペアパーツの製造にも注力している。ランボルギーニ・ポロストリコ画像はこちら そのような本気のセクションが動いたことで、カウンタック LP500が再製作されたわけだが、驚くべきことに2万5000時間以上という膨大な作業時間が必要だったという。ランボルギーニのデザイン部門であるチェントロスティーレも、ボディワークの再構築とスタイリングの監修において多大な貢献を果たした。ランボルギーニ・カウンタックLP500画像はこちら アウトモビリ・ランボルギーニの会長兼CEOであるステファン・ヴィンケルマンは、カウンタック LP500の再製作プロジェクトについて次のようにコメントした。

「カウンタックは、高性能車の世界に新たな息吹をもたらした存在です。このモデルの誕生50周年を祝う記念すべき2021年に、再製作したLP500をコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステで賞賛できることは特別な出来事です」

 そもそも、何故にカウンタック LP500の再製作プロジェクトが始動したのか? どのように再製作されたのか? ということについてもアウトモビリ・ランボルギーニの公式なアナウンスメントがあるので記していこう。

noteで書く

画像ギャラリー