TGR 86/BRZレースで3位表彰台をゲット! ライバルも驚いたネクセンタイヤの「速さの秘密」とは (1/2ページ)

TGR 86/BRZレースで3位表彰台をゲット! ライバルも驚いたネクセンタイヤの「速さの秘密」とは

この記事をまとめると

  • 2021年「TGR 86/BRZ Race」第7戦でN Fera Sport R 86が3位入賞
  • 強敵を跳ね除けて一時はトップを快走。ライバルも驚く高性能っぷり
  • マシントラブルに泣くもネクセンレーシングの挑戦は続く

TGR 86/BRZ Race第7戦で3位入賞したネクセンレーシング

 レベルの高さに定評があり、かつ大人気のワンメイクレース「TGR 86/BRZ Raceプロフェッショナルシリーズ」において、ネクセンタイヤを装着する岡本大地選手が、十勝スピードウェイで開催された第7戦で3位入賞を果たした。同シリーズで韓国製タイヤ装着ドライバーが、表彰台に立つのは初めてとなる。

SUGO戦で待望の2021スペックを投入したネクセンタイヤ

 近ごろ「TGR 86/BRZ Raceプロフェッショナルシリーズ」で話題となっているのが、ネクセンのタイヤ「N Fera Sport R(エヌフィラ スポーツアール)」である。岡本大地選手のドライブにより、第2戦富士で5位入賞を果たし、このときは上位にペナルティが相次ぐという幸運もあったが、その後も予選ではコンスタントに上位につけるようになっているからだ。第4戦SUGOからは2021スペックが投入され、よりレースに適したコンパウンドならびに構造も変更されたからなおのこと。どのチームかは明かされていないが、すでにテストした複数のチームがあるという。

【関連記事】「ルマン24時間レース」に挑戦し続けたマツダ23年の歴史を凝縮! ファン必携の書籍が発売

TGR 86/BRZ RaceプロフェッショナルシリーズのN Fera Sport R 86画像はこちら そして迎えた十勝大会。本来は8月末に開催される予定だったが、コロナ禍によって延期され、10月30〜31日に行われることとなった。ただでさえ、年に一度の大会である上に例年なら夏場の、北海道としてはもっともさわやかな時期に行われてきたレースである。当然、チームのみならず、タイヤメーカーにとってもデータは皆無にも等しい。そういった意味では、他メーカーに対してハンデが極めて少なくなるため、ネクセンタイヤ陣営としては内心必勝を期するところがあったのは、偽らざる事実でもあった。

いきなりトップに浮上したN Fera Sport R 86

 上空には雲ひとつ見当たらない、快晴のもとで予選が行われた。このレースではウォームアップもそこそこに早速アタックが行われ、2レース開催の場合はさらにもう1周というのがセオリーだが、いきなり衝撃が走った。なんと「N Fera Sport R 86」の岡本選手がトップに浮上したからだ!トップを走るTGR 86/BRZ RaceプロフェッショナルシリーズのN Fera Sport R 86画像はこちら プロ中のプロであるドライバーたちを持ってしても、そのタイムはしばらく破られず。終了間際になって、ようやく青木孝行選手の逆転を許したものの、それでも2番手はベストリザルト。レース2のグリッドを決めるセカンドベストタイムでも、岡本選手は5番手につけていた。

「しっかりスリップストリーム使えたのは良かったんですけど、練習でもこんなタイム出ていなくて、なんでこんなに伸びたのか解析していこうと思っています。次の富士でも再現しなければいけないので、これからしっかりデータを検証します。内圧とか温め方とか、細かいことはやっていたんですけど、それでこんなに伸びるんだってびっくりするところではありますね」と岡本選手は正直な胸の内を明らかに。TGR 86/BRZ RaceプロフェッショナルシリーズのN Fera Sport R 86画像はこちら

画像ギャラリー