クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • HEV化で驚愕の1000psオーバー! ダカール・ラリー2022参戦マシン「HINO600シリーズ」に乗った
SPORT
share:

HEV化で驚愕の1000psオーバー! ダカール・ラリー2022参戦マシン「HINO600シリーズ」に乗った

投稿日:

TEXT: 畑澤清志  PHOTO: 古川 純/Auto Messe Web編集部 米澤 徹

  • 日野レンジャー 2022ダカール参戦マシン(走り)

  • 日野レンジャー(走り)
  • ドライバーの菅原照仁さん
  • 日野レンジャー(走り)
  • 日野レンジャー ダカール・ラリー2022参戦マシン(リヤ)
  • 日野レンジャー(横位置)
  • 日野レンジャー(タイヤ)
  • 日野レンジャー(タイヤ)
  • 日野レンジャー ダカール・ラリー2022参戦マシン
  • 日野レンジャー(ヨシムラ製マフラー)
  • ドライバー/コ・ドライバー/メカニック
  • 日野レンジャー(ハイブリッドシステム)
  • 日野レンジャー 2022ダカール参戦マシン(走り)
  • 日野レンジャー(走りリヤ)
  • 日野レンジャー(ジャンプ)
  • 日野レンジャー(コックピット)
  • 6速ATシフトレバー
  • 日野レンジャー6速AT(シフトレバー)
  • NASC中島聡尚さん

新型車両を投入! HEV化で戦闘力を格段に高め連覇に期待が膨らむ

 世界一過酷といわれるラリーレイドの代表といえば「ダカール・ラリー」。世界的に圧倒的な知名度を誇る、クロスカントリーラリーの最高峰に異論はないでしょう。そこに30年に渡りチャレンジしているのが、トラックメーカーの日野です。

 モータースポーツを「人を鍛え、クルマを鍛える」最適な場として定めているのがトヨタ「GAZOO Racing」のスピリットですが、グループ企業としての日野も遥か昔からそれを実践しています。

システム出力1000psオーバー! リトルモンスターの大暴れなるか!?

 カミオン部門の排気量10L未満クラスでこれまで連覇を続けている「日野チームスガワラ」。2022年は、日野600をベースとしたレーシングトラックの1台体制に絞りました。日野レンジャー ダカール・ラリー2022参戦マシン

 メカニズム面で特筆すべきは、ハイブリッド化されていること。参戦歴の長い日野ですが、ハイブリッド化は初の挑戦です。8866cc直6ディーゼルターボ+モーターのシステム出力は1000psを超えています。「この1000psが、勝利のラインなのです」とは、開発担当の榎本 満プロジェクトチーフエンジニア。日野レンジャー ダカール・ラリー2022参戦マシン(リヤ)

 カミオン部門(排気量10L未満クラス)のライバル勢は9000cc超が中心ですから、小兵がハイブリッド化で下克上するのです。日野のトラックのブランディング「リトルモンスター」を体現しています。クラス優勝だけでなく、総合でどこまで食い込んでいけるかという熱意がくみ取れます。ちなみにこのところ強いのはロシア・カマズ社のトラックです。プーチン首相みずから応援に駆けつけ(プレッシャーを掛け)るほど、国を挙げて勝ちに邁進している強敵です。

電動化で未知の領域に踏み込むもマシンの熟成は順調に進む

 刷新されたHINO600シリーズの全貌を見ていきましょう。モーターやキャパシタ(蓄電池)は過酷な使用状況を踏まえ、モーター大手ディーナ社から、キャパシタはジェイテクトの電車用を転用し調達しています。キャパシタは燃料タンクを前出しし、減衰のためのダンパーとロッドで支えるカタチで搭載されています。ハイブリッドシステムは万が一トラブルがあった際には、運転席からシステムダウン操作ができ、物理的にもプロペラシャフトから切り離せる構造になってるのがレーシングマシンらしいポイントです。日野レンジャー(ハイブリッドシステム)

 モーターアシストの塩梅に関しても、フルで使うのか、ここぞといいうときにブースト的に使うのかなど、レーシングトラックとして未知のセッティングに挑みました。もろもろ含め、ゼロベースの開発から、モノになるまでに2年を要したそうです。テストでは0-100km/h加速で9秒切りを達成するなど、上々のデータを得ています。

驚異の最大トルクをロスなく駆動力に伝達するためにAT化

 日野レーシングトラックのドライバー菅原照仁さんは、ダカール最多出場のギネス記録を持つ偉人・菅原義正さんを父に持つサラブレッド。外国語も堪能であり、データ解析能力にも長けています。現地でのコミュニケーションも大事であり、スタートわずか30分前に発表されるというコースの詳細な攻略には、高度なデータの解析が求められます。そのふたつの高度なスキルを備えている人物なのです。ドライバーの菅原照仁さん

 カミオンクラスの最高速度は140km/hに上限が決められています。よって、いかにアベレージスピードを稼げるコースを選んで走るかがキモとなるのです。ここでも、全域でトルクアップできるハイブリッド化が効果を発揮します。日野レンジャー6速AT(シフトレバー)

 選ばれたトランスミッションはAT。多段式も検討されましたが信頼性を考え6速が選択されました。アメリカのパーツ大手、アリソン社のものを、TRDのレース用ECUでマネジメントしています。セッティングには同じ日野チームスガワラの同士でありレジェンド、塙 郁夫選手が煮詰めているそうです。「トルコンのおかげで伝達トルクが途切れないので有利です」と塙選手。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS