クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • ネグローニと富士スピードウェイがコラボレーション!「グランプリハイトップ フジ」に新色が追加
SPORT
share:

ネグローニと富士スピードウェイがコラボレーション!「グランプリハイトップ フジ」に新色が追加

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 米澤 徹 PHOTO: マルミツ

サイドバンプには富士スピードウェイのコースを取り入れている

 クルマ好きのなかで密かに注目を浴びているのが、ドライビングシューズのネグローニだ。2021年5月に日本を代表する国際サーキットの富士スピードウェイとコラボレーションしたモデル「グランプリハイトップ フジ」を発売。今回、新たにイグニッションレッド&カーボンファイバーの新色が追加され、11月27日より発売される。価格は、送料込みの5万5000円(税込)。

 ネグローニは2000年のブランド創立以降、日本の自動車愛好家に広まり、現在もクルマ好きのみならず、多くのテストドライバーや自動車評論家にも愛されている。デザインはイタリアンテイストだが、日本人の甲高で幅広な足にジャストフィットさせているドライビングシューズ作りは、さすがメイド・イン・ジャパンの技術力だ。

 今回発売される「グランプリハイトップ フジ」は、1960年代のレーシングシューズのデザインをモチーフにした、グランプリハイトップをベースにしている。サイドバンプに目を凝らすと、その意匠には富士スピードウェイのコースレイアウトが取り入れられていることがわかるだろう。コカ・コーラコーナーに始まり、トヨペット100Rコーナーからアドバンコーナー、300Rまでが大胆に切り取られたデザインなのだ。

 ちなみに、カラーは今回登場した新色のほかに「CARBON FIBRE (カーボンファイバー)」、「TITANIUM WHITE (チタニウムホワイト)」の計3色を展開している。木型には、足全体をS字カーブ構造で立体的にフィットさせる新型GRSラストを採用。

 また独自開発のバケットインソールによって、立体的なヒール&アーチホールドを実現。クルマを運転しないときには、スニーカーとしての機能も十分に持ち合わせているシューズとなっている。

 さらに、ほかのネグローニ製品と同様にファクトリーにてソール交換やレストアサービスを受けることも可能とのことで、長く履けるのが嬉しい。

 なお、新色「イグニションレッド & カーボンファイバー」のモデルは、11月27日(土)〜28日(日)に行われるSUPER GT 最終戦で初公開される。富士スピードウェイ内のレストラン&グッズショップ「CLANE BOX」(CLANE Garden)および、グランドスタンド側の特設グッズショップにて確認することができるので、気になる方はぜひとも足を運んでほしい。

すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS