クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 今なお人気沸騰中の「ベンツGクラス」! AMGよりド派手な「下剋上」カスタムとは?
CUSTOM
share:

今なお人気沸騰中の「ベンツGクラス」! AMGよりド派手な「下剋上」カスタムとは?

投稿日:

TEXT: 酒井賢次 PHOTO: 稲田浩章

  • ゲレンデヴァーゲンファクトリーのデモカーG400dのリヤビュー
  • ハーフスポイラー
  • フロントのエアロアップ
  • リヤの造形
  • ルーフスポイラー
  • リヤゲートスポイラー
  • コーディング後のメーター
  • BCフォージドのアルミホイール

ロクサンに負けない存在感へいざなうリアルカーボンを配したプレミアムモデル

 W463からW463A、さらにはAMG G63も手掛けるGクラスのエキスパートであるゲレンデヴァーゲンファクトリー。そんな彼らがいよいよ現行W463Aの標準グレード用ボディキットに着手した。最大のトピックスは、リアルカーボンのポイント使いだ。

初出:オンリーメルセデス Vol.204 8月号(一部加筆・修正)

スポーティなボディキット×自慢の足まわりで精悍に

 ゲレンデヴァーゲンファクトリーが新たにプロデュースしたのは、550と400d、350dに対応できるボディキット。とくに350dは人気のグレードなだけに、その登場を心待ちにしていたファンも決して少なくないはずだ。とは言え憧れの存在は、やっぱりG63でもあるわけで。でも、だからこそ彼らはその姿をトレースするのではなく、G63に負けないデザインを具現化することにこだわったそうだ。

 キーワードは、リアルカーボン。例えばフロントであれば、立体で描かれたボトムのAライン部分が綾織りのカーボンで、アグレッシブな造形に相応しい躍動感を引き上げてくれる。例えばリヤであれば、スキッドプレート風のパートがリアルカーボン。あえてフルでカーボン化するのではなく、さらりと部分的にカーボンを取り入れることで、G63に負けないプレミアム性も演出している。

フロントのエアロアップ

 このポイントカーボンが功を奏して、G63とはひと味違うのだが、G63風味なテイストにも見えるというのがこのボディキットの魅力。文句なしにスポーティで、じつに精悍だ。

 ちなみに足まわりはオリジナルのGFサスペンション。高速走行時の安定感が増し、突き上げ感のない上質な乗り心地を実現できるのがその特徴だ。足もとに23インチのBCフォージド+リヤウイングで車両の高さは40mmアップとなっているが、その分このサスペンションで30mmのローダウンが果たせるため、デモカーの高さは合計で10mmアップの状態。これなら高さ制限が2100mmの立体駐車場でも進入が可能となる。街乗りでの実用性に配慮されているのもアドバンテージだ。

ゲレンデヴァーゲンファクトリーのデモカーG400dのリヤビュー

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS