クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 超過酷な「クロスカントリーラリー」に参戦! 静かで速い「アウトランダーPHEV」レース仕様が三菱本社ショールームで展示中
SPORT
share:

超過酷な「クロスカントリーラリー」に参戦! 静かで速い「アウトランダーPHEV」レース仕様が三菱本社ショールームで展示中

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 米澤 徹 PHOTO: Auto Messe Web編集部 米澤 徹/三菱自動車

バハ・ポルタレグレ500に出場したマシンが展示中

 三菱自動車は新型アウトランダーPHEVの発表を記念し、東京港区にある本社ショールーム「MI Play Ground」にて2021年10月28日から2022年2月下旬(予定)までの期間、「アウトランダーPHEVラリーチャレンジ展」を開催している。

 これまでにもダカールラリー展やWRC展が行われてきた本社ショールーム。本物の実戦車両のパジェロやランサーエボリューションVIを目の当たりにできるとあって、訪れた人にとって三菱自動車の歴史に触れられる貴重なイベントでもあり、多くのファンが来場し賑わいを見せた。

 現在、展示されているのは2015年に電動車開発に携わるエンジニアを中心に構成された三菱自動車チームで参戦した「バハ・ポルタレグレ500」参戦車両。速さだけではなく耐久性も問われる競技に、アウトランダーPHEVの信頼性を実証する場として参加した。

総走行距離約570kmのクロスカントリーラリー

 ちなみにバハ・ポルタレグレとは、1987年から開催されているポルトガル自動車連盟が主催するクロスカントリーラリー。スペインとの国境に近い、アレンテージョ地方の古都ポルタレグレを起点に行われている競技だ。2015年は10月22日〜24日に開催され、スペシャルステージ約440km、リエゾン約230kmという総走行距離約570kmで競われた。  マシンは市販車をベースにし、PHEVシステムとツインモーター4WDを高性能化してある。具体的には前後のモーターの高出力化を図り、エンジンの高回転化、さらにはジェネレーターの発電量を向上させ、バッテリーの容量もアップしている。

 また、ツインモーター4WDと4輪の駆動力・制動力を最適に制御するS-AWC(車両運動統合制御システム)を強化することで、砂道や砂利道、ぬかるんだ道でもトラクション性能が発揮できるようになっている。

 さらに悪路走破性を向上させるため、最低地上高とサスペンションストロークをアップし、ラリー専用の大径タイヤ&ホイールを装着。道なき道を進むには欠かせないチューンナップだ。ちなみにレース成績は総合47位(48台中)、総走行時間は11時間45分47秒だった。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS