ベンツGクラス・カスタムに「新星」現る! まさかの「ロシア製エアロ」がカッコ良すぎた (1/2ページ)

ベンツGクラス・カスタムに「新星」現る! まさかの「ロシア製エアロ」がカッコ良すぎた

人気上昇の気鋭ブランドで固めたG63!

 Gカスタムの真骨頂とも言えるチューナーズスタイル。ブランドパワーだけでなく、色付けするコーディネート力にこそカスタムセンスが問われる。こだわり派のユーザーと名ショップのコーディネート力はさすがだ!

初出:オンリーメルセデス Vol.204 8月号(一部加筆・修正)

気鋭のフルカーボンエアロとコンケーブデザインを足もとに

 メルセデスのカスタムで人気が高く、もっとも深度があるスタイリングモードといえばチューナーズブランドをまとうに限る。

 とりわけロケットシリーズを頂点とするハイスペック&ハイパワーのブラバスや、カーボンスタイルの権化・マンソリー、スマートさを訴求するカールソン。そして、歴史に裏打ちされた名門の輝きを放つロリンザーなど、スリーポインテッドスターを華麗に磨き上げるトップチューナーのブランドパワーは、やはり多くのファンを魅了してやまない。

 そして、そこに新たに名を連ねるべく彗星のごとく現れたブランドが、このボンド大宮が手掛けたトップカーだ。

Gクラスの持つ迫力をさらに磨き上げる

 トップカーデザインはカスタムフィールドでは大変珍しいロシア製ブランドだ。とりわけこのW463A用エアロユニットを見る限り、ブラバスやロリンザーのそれに引けを取らないアグレッシブさには、新進チューナーの気合を感じる。

【関連記事】フルノーマルの中古車は超高額で手に入らない! ならば中古チューニングカーは買っても大丈夫!?

ボンド大宮のデモカーG63のリヤビュー画像はこちら

 フロントリップのバーティカルフィンの迫力に前後ルーフにマウントしたスポイラースタイルはいずれもフルカーボンだ。

 細部へのこだわりも見落とすことなく、このデモカーをコーディネートしている。足もとには3Pフルリバースリムのハイパーフォージドをセットアップ。セミコンケーブデザイン24インチがもたらす圧力は、左右3発出しマフラーと合わせて、サイドビューを引き立てている。

マフラーとホイール画像はこちら