「女子ふたりのスピットファイア」に「親子のBMWイセッタ」!「ヒストリックカーラリー」に参加した「貴重な名車」3台 (1/2ページ)

noteで書く
「女子ふたりのスピットファイア」に「親子のBMWイセッタ」!「ヒストリックカーラリー」に参加した「貴重な名車」3台

この記事をまとめると

  • 2021年11月23日に開催されたCOPPA DI TOKYO
  • 100台以上の名車が参加
  • 編集部で気になったクルマを取材

ビギナーも参加できるコッパ ディ 東京

 PC競技は、決められた区間を主催者が設定したタイムで、いかに正確に走行することができるか? を競うコンペティションのこと。コッパ ディ 東京のそれは初心者も楽しめる内容で、ヒストリックカーラリーのベテランのみならず、毎回ビギナーも参加している。COPPA DI TOKYO

 すべてのエントラントが思い思いのスタンスで楽しめる点が、コッパ ディ 東京ならではの特徴だといっていい。去る11月23日に開催されたコッパ ディ 東京 2021にも、さまざまなクルマとオーナーが参加した。

1965年式トライアンフ・スピットファイアMk-1

 まずは、女性コンビから紹介することにしよう。1965年式トライアンフ・スピットファイアMk-1で参加した三﨑由湖さんは、神奈川県三浦市にある旧い蔵をリノベーションしたRevival CAFE(リバイバルカフェ)の代表として知られる有名人。1965年式トライアンフ・スピットファイアMk-1

 クルマ好き、バイク好きが挙って集まるRevival CAFEに筆者も数回お邪魔したことがあるが、今回、三﨑さんのコ・ドライバーを務めたのは、同カフェのスタッフになって3年になるハタチの檜山瑠奈さん。どこかで見たことがある女性だなぁ~と思っていたらビンゴだった。1965年式トライアンフ・スピットファイアMk-1

 三﨑さんは熱心な英国車フリークで、日英自動車モノの1974年式MG-B(左H/5速/OD付)を10年前にゲット。そして、以前から欲しかったスピットファイアを3年前に増車した。濃密な2台体制を楽しんできたが、MG-Bに乗る機会が減ってしまい、泣く泣く手放してしまったのだという。1965年式トライアンフ・スピットファイアMk-1

「スピットファイアに乗りつつ、MG-Bのほうは車検を切って持っていたんですけど……。10年所有しましたね。スピットファイアは扱いづらいのですが、それが可愛くなってきました」とは三﨑さんのコメント。扱いにくい愛機を駆り、コッパ ディ 東京でしか味わうことができない景色やクルマ仲間との会話を楽しんでいた。

noteで書く

画像ギャラリー