クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 偶然にしては似過ぎてない? 意外と多い「あと出しジャンケン」のクルマ達
CLASSIC
share:

偶然にしては似過ぎてない? 意外と多い「あと出しジャンケン」のクルマ達

投稿日:

TEXT: 近藤暁史(KONDO Akifumi)  PHOTO: トヨタ/日産/ホンダ/マツダ/光岡/メルセデス・ベンツ/GM/Auto Messe Web

ライバルメーカー同士影響し合う自動車デザイン

 一時、話題になったのが中国車のぱくり問題。ハイエースのそっくりさんなど、大量に発生して、なんだかなぁ、という気持ちになった方も多いのではないだろうか。しかし、日本だってキットとはいえ、VWバス風、シトロエンHトラック風、Gクラス風のものが売られているので、あまり他人のことは言えない気はする。デザインも含めてアイディアはタダという意識が関係しているのだろうか。

かつて先人から学んでいた日本車

 とりあえずうりふたつというのは論外にしても、なんか似ているというのはどこがパクリの境界線なのかは微妙だ。日本車の場合、欧米のように馬車から派生して進化してきたという手順を踏んでいないから成熟期が短いし、1960年代あたりに急速に発展してきた。それゆえ、技術的なものは海外メーカーと提携して、国内で組み立てるノックダウンで習得した。これは現在、中国での自動車生産は現地企業と提携しないとできないのと似ている。

 日本でのノックダウンの例は多くて、日野はルノー、いすゞはヒルマン、日産はオースチンと提携していた。なかでも日野といえば、ルノー4CVをノックダウン生産した日野ルノーがおなじみ。日野ルノー4CV

 こちらは当初はルノーから部品や技術を供与してもらっていたものの、途中から日野オリジナル部分がドンドンと増えて、仕舞いにはルノーと互換性のないクルマになってしまったというエピソードもある。ルノーにすれば、パクりやがってかもしれない。

先進国からデザインの影響を強く受けた日本車

 さらに問題はデザインだった。デザインレベルというのは産業としての成熟度合いにリンクするもので、技術が未熟だったり、開発に精一杯の状態では、デザインに手が回らないのは当たり前だ。多かったのは当時の最先端であるアメ車をモチーフにすること。キャデラック・エルドラド

 テールフィンや円形のフロントウインドウ、縦目ヘッドライトなど、アメ車らしいポイントというか手法はいくつかあって、日産系で見てみても、初代セドリックやグロリア、初代&2代目プレジデントなど多数ある。日産セドリック

 ちなみに三菱のデボネアもアメリカンデザインと言われるが、こちらはそもそも元GMのデザイナー、ハンス・ブレッツナーが担当したので、パクリではなく正統派だ。三菱デボネア

 そのほか、ヨーロッパ車のエッセンスを取り込んだのは2代目コロナとオペル。3代目と4代目のルーチェにはメルセデスみたいなグリルなどもあった。メルセデス・ベンツ190Eとマツダ・ルーチェ

 究極はプアマンズポルシェとまで言われたマツダのRX-7(FC型)とポルシェ944だろう。実際に各自動車雑誌で比較企画が行われていて、動力性能ではRX-7が勝っていたりして、思わず苦笑いだった。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS