「ジムニー」や初代「RX-7」に海外が注目! 2022年に相場が「爆上がり」しそうなクルマ10台 (1/2ページ)

「ジムニー」や初代「RX-7」に海外が注目! 2022年に相場が「爆上がり」しそうなクルマ10台

この記事をまとめると

  • 欧米で人気のクラシックカー専門保険会社「ハガティ」
  • 同社が「2022年に高騰しそうなクラシックカー10台」を発表
  • 日本車も2台含まれる、注目のリストと分析を紹介

クラシックカー専門の保険会社「ハガティ」が予言する今年のトレンド

 クラシックカー専門の自動車保険会社として欧米で成長した「ハガティ(Hagerty)」。同社では保険金額の査定のため、クラシックカーの価格と相場について膨大なデータベースを独自に築いていて、彼らの車両評価はオークションやバイヤーにも大きな影響を与えている。

 そんなハガティが「2022年に価格が高騰しそうなコレクターカー10台」を発表した。なかには日本車も2モデル含まれている。国内の相場にすぐ影響はないかもしれないが、海外のバイヤーが虎視眈々と狙うことが予測されるので油断は禁物なのだ。

その1 ディーノ246(1969~74)

 エンツォ時代のフェラーリ最高傑作のひとつでありながら「フェラーリ」とはどこにも書かれていない「ディーノ246」。若くして亡くなったエンツォの愛息、アルフレード・“ディーノ”・フェラーリが生前に提案していた、V6エンジン搭載のミッドシップ・スポーツカーだ。クーペボディの「246GT」が2487台、タルガトップの「246GTS」が1274台生産された。

【関連記事】アバルト史上最高の美しさに異論なし! 速さも圧巻だった「アバルトOT1300」という名の宝石

ディーノ246GTS画像はこちら

■1973年式ディーノ246GTS

〇:フェラーリの生んだロードカーのなかでもっとも美しいクルマのひとつで、ドライビングも素晴らしい。

×:もはや安価とは言いがたい価格。「フェラーリではない」との偏見。良い個体を見つけにくい。

新車時価格:1万4500ドル

現在の評価額(#2):36万6000ドル(4200万円)~40万2500ドル(4600万円)

※ハガティの「#2」評価は「素晴らしいが完璧ではない」程度のこと。小さなキズがあり、ローカルなカーショーでは優勝できても国内規模のショーでは優勝できないレベルの個体を示す。以下同。

相場の動き:2016年から2018年にかけてブームが盛り上がり、ディーノの相場は2008年以前の水準の3倍以上になっている。取引は盛んで、異常なほどのプレミア価格がつくことも多い。40~50代の新たな世代のコレクターたちが関心を示していて、今後さらに相場が上がりそうだ。

ディーノ246GTS画像はこちら

その2 ポンティアックGTO(1966~67)

 GMが全社的にレース活動を禁止していた暗黒時代、ポンティアックのエンジニアだったジョン・デロリアン(のちの「DMC-12」を生み出した、あのデロリアン)たちは、コンパクトサイズの2代目「テンペスト」をベースにV8エンジンを搭載した「GTO」を開発。当初はオプションパッケージという扱いにしてGM社の内規をすり抜けた。上層部からは年間生産台数を5000台に抑えるよう指示されながらも、初年度に3万2000台以上を売り上げる大ヒットに。「マッスルカー」という新たなジャンルを誕生させた。

ポンティアックGTO画像はこちら

■1966年式ポンティアックGTO

〇:60年代マッスルカーの決定版。いくつものボディスタイルとドライブトレインがある。やたらと頑丈。

×:ニセモノが出回っているので注意。錆びやすい。レアなオプションは高額になりがち。

新車時価格:3700ドル

現在の評価額(#2):10万ドル(1150万円)~12万9000ドル(1480万円)

相場の動き:GTOのなかでも1966~67年式は、そのルックスと控えめな価格から、これから高く評価される可能性がある。とくにミレニアル世代(1981年以降生まれ)に人気がある。

ポンティアックGTO画像はこちら

その3 ポルシェ968(1992~95)

 ポルシェ「924」、「944」と続いてきた、水冷直列4気筒エンジンと「トランスアクスル」を用いたFRレイアウトの系譜を受け継いだスポーツカーが「968」。理想的な重量配分を実現して長年にわたり「ベスト・ハンドリング・カー」の名をほしいままにしてきた。ボディはクーペとコンバーチブル、トランスミッションは6速MTと4速ティプトロニックATが用意され、4年間で1万2776台が生産された。

ポルシェ968画像はこちら

■1992年式ポルシェ968クーペ

〇:美しいバランスのハンドリング。実用的なハッチバックでデイリードライブに最適。高速道路での優れた燃費性能。

×:生産台数が少ない。ポルシェのパーツは高価。

新車時価格:3万9850ドル

現在の評価額(#2):3万8000ドル(440万円)~5万1500ドル(590万円)

相場の動き:ポルシェ968はこれまでポルシェ車のなかでも過小評価されてきたが、2015年から高く評価され始めている。2016年以降、クーペの評価額は139%上昇しており、これはすべてのポルシェ製クーペのなかで一番高い上昇率。まだまだ成長の余地があると考えられる。

ポルシェ968画像はこちら

その4 ランドローバー・ディフェンダー(1983~1997)

 イギリス本国ではクルマの状態さえ気にしなければ、ランドローバー・ディフェンダーを今でも比較的安く手に入れることができる。ところが大西洋を渡ったアメリカではエキゾチックな存在として人気が出てきて、コレクター市場では高騰する一方となっている。2ドアの「90」が8万ドル台(900万円以上)、希少な4ドアの「110ワゴン」は10万ドル(1150万円)をはるかに超えることも珍しくない。

ランドローバー・ディフェンダー90画像はこちら

■1991年式ランドローバー・ディフェンダー90

〇:動物学者マーリン・パーキンスがキリンを追っかけるとき乗っていたクルマ。格好いいしこれからもそうだろう。パーツもクラブも豊富。

×:北米仕様は高価。並行輸入品はクオリティも価格もまちまち。せっかちな人には向かないクルマ。

新車時価格:2万7405ドル

現在の評価額(#2):6万1500ドル(700万円)~7万7500ドル(890万円)

相場の動き:この世代のディフェンダーはヨーロッパでも意外なほど人気があり、北米仕様を除いたモデルについては、2016年から47%も価値が上がっている。今のうちに手に入れておきたい。

ランドローバー・ディフェンダー90画像はこちら

その5 マツダ・サバンナRX-7(1979~1985)

 世界で唯一「ロータリーエンジン」に挑戦し続けたマツダ。1979年に登場した「サバンナRX-7」は低くシャープなノーズの下にキャブレター式1146ccツインローターが搭載され、アペックスシールの不具合や燃費問題をクリアして、7000rpmまで気持ちよく回るエンジンが多くのスポーツカー好きを魅了した。初代の生産台数47万1009台のうち、アメリカ市場での販売台数が37万7000台を占めている。

マツダ・サバンナRX-7 GS画像はこちら

■1983年式マツダ・サバンナRX-7 GS

〇:ユニークなロータリーエンジンの高回転の興奮。妥協のないハンドリング。優れたドライビングポジション。シンプルな操作性。日常的なケアをすれば信頼性も高い。

×:錆びやすい。オイルや燃料が漏れやすい。事故を起こすと危険。

新車時価格:1万600ドル

現在の評価額(#2):1万7500ドル(200万円)~2万7000ドル(309万円)

相場の動き:初代サバンナRX-7の相場は2016年から136%上昇しているが、それでもまだ買いやすい価格帯で40歳以下の若い世代が注目している。初代RX-7の価値が「ダットサン280ZX」に追いつく日も近いと予想される。

マツダ・サバンナRX-7 GS画像はこちら

画像ギャラリー