キャラバンの無敵感がハンパない! 車中泊してアウトドアを満喫する「アド”バン”チャー」に参加してみた (1/2ページ)

キャラバンの無敵感がハンパない! 車中泊してアウトドアを満喫する「アド”バン”チャー」に参加してみた

この記事をまとめると

  • 日産がキャラバンを使った体験イベントを開催
  • 車中泊を含む遊びのプロからマンツーマンでレクチャーしながら体験できた
  • 1泊2日でわかった日産キャラバンの魅力を紹介

趣味をサポートしてくれる絶好の相棒

 日産自動車は2021年12月18日~19日、新しくなった「キャラバン」を使った1泊2日のアウトドアレジャー体験イベント「AD”VAN”TURE」を、茨城県高萩市にある花貫ふるさと自然公園を中心とする高萩市内の会場で開催しました。

 このイベントは、日産キャラバン(VAN)でアドベンチャー(ADVENTURE)のようにアウトドア体験を楽しんでもらいたいと、“キャラバンで遊びのプロを目指す”をテーマにしたものです。約300組の応募のなかから抽選で選ばれたのは、Hさん親子のペア!(下記写真)

【関連記事】選ぶべきはいかにもな「SUV」や「ワゴン」じゃない! キャンプのプロが選ぶのは「ミニバン」一択だった

アウトドアレジャー体験イベント「AD”VAN”TURE」画像はこちら

 キャラバンでの車中泊を含むSUPフィッシング、トレイルライド、ブッシュクラフトのアクティビティを、それぞれのスペシャリストからレクチャーをマンツーマンで受けられるというもの。さらにアウトドアの知識やマナーを身につける「認定ブッシュクラフター」の資格講座にも挑戦します。アウトドアレジャー体験イベント「AD”VAN”TURE」画像はこちら

マイナーチェンジしたばかりの日産キャラバンが相棒

 今回の冒険の相棒「キャラバン」は、2021年10月にガソリン車をマイナーチェンジし、これまでの「NV350キャラバン」という名称から「キャラバン」に変更されているモデルです(ディーゼルはNV350 キャラバンのまま)。新設定の最上級グレード「GRANDプレミアムGX」に、快適な車中泊仕様が簡単に作れるマルチベッドやSUPボード、釣り竿を効率よく収納できるツインアタッチメント、特注のカウンターキッチンテーブルを装備したスペシャルな1台が用意されました。

【関連記事】選ぶべきはいかにもな「SUV」や「ワゴン」じゃない! キャンプのプロが選ぶのは「ミニバン」一択だった

アウトドアレジャー体験イベント「AD”VAN”TURE」画像はこちら

 車中泊レクチャー担当の田島直哉氏が製作したオリジナルキッチンテーブルは、IH調理器具やシンク、まな板が組み込まれており、給排水用のポリタンクを接続すれば蛇口も使用可能。なによりも見た目がとてもおしゃれで、市販化されたら絶対装備したいなと思うアイテムでした。アウトドアレジャー体験イベント「AD”VAN”TURE」画像はこちら

レクチャーを受けながら体験できる

 冒険の始まりは、車中泊のレクチャーからスタート。cardrobe!代表の田島氏と一緒にキャラバンを目の前にしながら、車中泊に必要なものや快適に過ごすためのポイントを教わります。その後は、ナイフや火おこしなどの道具を使用してアウトドアを楽しむブッシュクラフトを体験しました。アウトドアレジャー体験イベント「AD”VAN”TURE」画像はこちら

 日本ブッシュクラフト協会理事の小西政幸氏からは、火おこし道具だけを使った焚き火や、ナイフを使ったクラフトなどのレクチャーを3時間にわたって受けていました。夜はけやき平キャンプ場へ移動し、高萩地元の食材を使った芋煮鍋の夕飯を楽しんだとのこと。アウトドアレジャー体験イベント「AD”VAN”TURE」画像はこちら

 実際にキャラバンで一晩を過ごした感想は、ふたりでも狭さを感じないし、外気温氷点下でありながらも快適に過ごせたとのこと。次の日の朝は日の出を見ながらホットドッグを食べ、アクティビティに備えてエネルギーチャージ。最高の贅沢ですね!アウトドアレジャー体験イベント「AD”VAN”TURE」画像はこちら

画像ギャラリー