「車中泊」好きも震撼! 究極の「走るログ小屋」が想像の斜め上すぎた (1/2ページ)

noteで書く
「車中泊」好きも震撼! 究極の「走るログ小屋」が想像の斜め上すぎた

この記事をまとめると

  • 国産杉の無垢材を使った「ログ小屋」のトレーラー
  • 住宅並みの快適な空間をDIYで好きにアレンジできる
  • リモートワークの拠点や、趣味部屋としても活用可能

キャンプ場で「グランピング」する? それとも「ワーケーション」?

 アウトドアや車中泊がブームとなっている今、大小のトレーラーの人気も高まっている。ちょっとしたアウトドアグッズや2輪車、ボートを運ぶ程度のトレーラーから、ベッドだけでなくキッチンやシャワールームも備えたキャンピングトレーラーまでさまざまだ。

 そんななか、ログハウスメーカーの「BESS」が新たに「走るログ小屋」を10月に発売。しっかり居住性を確保したトレーラーで、庭に置いて趣味部屋やテレワークの拠点にしたり、ときにはキャンプ場にもちこんで、ちょっと贅沢にグランピングも楽しめるのだ。

7cm厚の杉の無垢材でできた本格的なログ小屋を移動可能に

 11月21日、千葉県・フェスティバルウォーク蘇我にて開催されたクラシック・フォルクスワーゲンのイベント「ストリートVWsジャンボリー」会場内で、「BESS」が発売したばかりの「走るログ小屋」が初展示された。

 ログハウスの大手であるだけでなく、「ドーム型の家」など、遊び心のある住空間を提案し続けてきた「BESS」。リモートワークやワーケーション、地方移住など、人々のライフスタイルや自宅環境が見直されているなかで、新たな暮らし方の提案として送り出してきたのが、「車輪つきログ小屋」である。

「IMAGO iter(イマーゴ・イーテル)」と名づけられたこの「ログ小屋トレーラー」は、12フィートのモデル。厚さ70mmもある国産杉の無垢材を使った本格派のログ小屋だ。

 無塗装の状態で販売され、オーナーがそれぞれセルフ塗装して好みに仕上げるプロセスまで楽しんでほしい、という趣向となっている。

【関連記事】後席もラゲッジも最高だけど電源がちょっと残念! 日産アリアをアウトドア目線で調べてみた

無垢の杉材を使った本格的なログハウスを牽引画像はこちら

広々とした小屋の中をDIYで好みの空間にアレンジ

 ログ小屋のサイズは壁芯で3.2m×2m、床面積でいうと6.51平米で約4畳に相当するスペースがある。無垢材ゆえ自分で棚やベッドを好きなように造作できるので、リモートワークの拠点にするもよし、趣味部屋にするもよし、キャンプを中心にしたリラックス空間にするもよし。四方に大きなガラス窓があるので採光と換気にも優れている。

ログ小屋の中は約4畳の広さ画像はこちら

 さらに小屋内の高さは2.4mもあって一般住宅並み。「幌屋根」からやわらかな光が小屋のなかを包みこむようになっているのも嬉しい。

幌屋根から室内にやわらかい光が入る画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー