ダンロップの新作「SP SPORT MAXX 060+」発売! プレミアムカー向け高性能タイヤが全方位で進化

ダンロップの新作「SP SPORT MAXX 060+」発売! プレミアムカー向け高性能タイヤが全方位で進化

この記事をまとめると

  • プレミアムカー向けタイヤの新作
  • 従来モデルよりも接地面積を14%向上
  • サステナブルシリカ分散剤の採用でウエット性能も向上

新開発素材の採用でウエット性能を向上

 住友ゴムは、高性能なプレミアムカー向けタイヤとして、フラッグシップモデル「SP SPORT MAXX 060+」を3月1日(火)より順次発売すると発表した。オープン価格。

 スポーツカーのみならず、高級車なども高性能化が進む現代。欧州車などは、ラグジュアリーセダンやワゴンにおいても、スポーツカー顔負けの高出力エンジンを搭載するモデルが用意されている。そのような高性能車にも対応する性能が与えられた。新材料となる「サステナブルシリカ分散剤」と、剛性分布を最適化した新開発の非対称パターンを採用。従来品に比べ、耐摩耗性を大幅に向上させながらも、高速安定性、コーナリング性能、ウエット性能を両立させている。

アラミドを用いた高剛性バンドを組み合わせる

 パターン剛性を最適化した新開発の非対称パターンは、従来品に対して路面と接する面積を14%広くなるように設計。防弾チョッキにも用いられるアラミドをより合わせた高剛性バンドを組み合わせたことで、トレッド面の剛性を高めて安定した走りに貢献する。

【関連記事】話題のランクル300用も追加! JAOSから魅力的な新作アイテムが続々登場

ランド比画像はこちら

 また、アウト側のブロック剛性を強化してコーナリング時のグリップ力を向上。さらに、主溝配置と接地形状を最適化しことで、ウエット性能も高めている。

トレッド解説画像はこちら

天然由来の新材料「サステナブルシリカ分散剤」採用

 新たに採用した天然由来の新材料「サステナブルシリカ分散剤」は、ライオン・スペシャリティ・ケミカルズが手掛けた。疎水性のゴムと親水性のシリカの両方に馴染む性質を持っており、ゴムとシリカの繋がりが強固となったことでシリカ同士の密集を防いでいる。その結果、ウエット性能を高めることができるシリカの配合量を増やすことが可能なったため、優れたウエット性能と耐摩耗性能を実現した。

シリカの解説画像はこちら

 サイドウォールは、ブランドロゴと商品名に独自の黒色デザイン技術「Nano Black(ナノブラック)」を採用し、プレミアムカーの雰囲気にもマッチする高級感と存在感を演出している。新開発の繊細な凹凸形状を取り入れており、光の反射を抑えつつ従来よりも高い黒色を再現。どの角度から見てもロゴなどの黒さが際立ち、くっきりと見えるように仕立てられた。205/55R16から295/35R21までの全58サイズを取り揃えている。

サイドウォール解説画像はこちら

画像ギャラリー