カスタマイズのド定番「インチアップ」って一体何? 知ったかぶりでは済まされない「タイヤ&ホイール」の選び方 (1/2ページ)

カスタマイズのド定番「インチアップ」って一体何? 知ったかぶりでは済まされない「タイヤ&ホイール」の選び方

この記事をまとめると

  • クルマのカスタムで手ごろなホイールのインチアップ
  • イメージは一気に好転するが取り付け時に注意したい点がある 
  • 装着状況に合致したホイールと扁平タイヤ選びが重要

確実にイメージアップする「インチアップ」の注意点

 クルマを手ごろにカスタムできることで、人気が高いインチアップ。ホイールをより大径化することで、愛車のイメージを大きく変えるドレスアップ効果が得られるほか、ハンドリング性能やコーナリング性能の向上などのメリットもあるが、気をつけたいのがタイヤ・ホイールの選び方だ。

 きちんとしたサイズなどを選ばないと、乗り心地が悪くなったり、燃費が低下するなどの性能面でデメリットが出てくる。また、あまり無理なインチアップをすると、タイヤがタイヤハウスからはみ出して、フェンダーが割れたり、車検に通らないなんてこともある。そこで、ここでは、インチアップ時にタイヤ・ホイールを選ぶ際の注意点を紹介する。

インチアップとは

 そもそもインチアップとは、単純にホイールを大径化することではない。タイヤサイズを偏平率の低いものにすることで、タイヤの外径を変えずに径の大きなホイールを履かせることだ。

【関連記事】街乗りから過酷なダカールラリーまでタイヤ性能でがっつりサポート! トーヨータイヤの展示ブースがアツかった【東京オートサロン2022】

インチアップ画像はこちら

 ここでいう偏平率とは、タイヤの幅をサイドウォール(側面)の高さで割った数値をパーセント(%)で表したもの。タイヤサイズは、サイドウォールに刻印されていて、例えば、「195/65R15」というサイズであれば、「65」という数字が扁平率となる。扁平率の数値が小さくなるほど、クルマを横から見たときにゴムの部分が薄くなり、タイヤの幅は広くなる。

 元々、インチアップはスポーツ車などで、ハンドリング性能やコーナリング性能を向上させたり、より大径のブレーキローターやキャリパーを装着し制動力を強化するためなどを目的に行われてきた。スポーツ車で使われるインチアップ画像はこちら

 ところが、最近はホイールをより大きく好みのデザインにすることで、愛車をドレスアップする目的としてもよく行われる。ホイールとタイヤを替えるだけである程度のカスタム感が出やすいため、手軽な手法として高い人気を誇っているのだ。

タイヤ選びの注意点は「外径」や「負荷能力」 

 そんなインチアップだが、前述の通り正しいサイズのタイヤやホイールを選ばないと、実際に装着したらはみ出したなどのトラブルも起こる。タイヤは大前提として、純正装着と同じ外径になるサイズを選び、ロードインデックスも標準サイズと同等以上のものを選ぶ必要がある。

インチアップはタイヤ外径を合わせる画像はこちら

 まずは、外径が同じになる適合サイズ。これは、主要なタイヤメーカーの多くが、カタログやホームページなどに早見表を出しているので、それがあればインチアップした際に外径サイズがほぼ同じになる適合サイズはすぐにわかる。ただし、タイヤメーカーによっては、対応するサイズが異なることもあるため、自分がどのメーカーのタイヤを使うかで、適合するサイズを調べる必要がある。

 次に、ロードインデックスもチェックする。ロードインデックスとは、既定の条件下でそのタイヤに負荷できる最大負荷能力を示したもの。インチアップをするときには、標準タイヤサイズのロードインデックスを下まわらないタイヤを選ぶことが重要となる。負荷能力が低い仕様だと、タイヤがクルマを支えられなくなり、事故や故障につながるためだ。これも、先述したインチアップ対応のタイヤサイズ早見表に載っていて、「LI」という欄に書かれているのでチェックする。

 実際に、先に例を挙げた195/65R15が純正サイズの場合で説明しよう。ちなみに、このサイズは、トヨタ「プリウス」の一部グレードなどに装着されているものだ。195/65R15のロードインデックスは91なので、某メーカーの早見表で調べると、外径が同じになり、ロードインデクスも同等なサイズは以下のようになる。

 (サイズ) (LI)
・205/55R16 91
・215/55R16 91
・215/50R17 91
・225/45R17 91
・245/40R17 91

 以上が、外径とロードインデクスが純正タイヤと同じになるサイズだが、車種によってはあまり幅が広いタイヤでは、はみ出してしまうことがあるので注意が必要。走行に支障が出るだけでなく、車検にも通らず、整備不良車(不正改造車)として取り締まりの対象になるので注意したい。ちなみに、ロードインデックスは、例の場合91以上の数字であれば問題ない。

空気圧も扁平タイヤに適合させる

 また、インチアップで低扁平率のタイヤを装着した場合は、サイズだけでなく、空気圧にも注意したい。低扁平タイヤは内部の空気量が減り、同時にタイヤが支えられる負荷(荷重指数)も少なくなるため、純正タイヤより空気圧を高くする必要があるためだ。インチアップは空気圧も調整する画像はこちら

 ただし、むやみに空気圧を上げすぎてもバーストの恐れが出てくる。基本的にはタイヤメーカーの指定空気圧に合わせれば大丈夫だが、不安な場合は、タイヤを購入するカー用品店など専門業者に相談するのが一番だ。

画像ギャラリー