いまの若者には謎でも昭和オヤジには刺さってた! 「チンスポ」「目隠しライト」「グラフィックイコライザー」など古き良きカスタム10選 (1/2ページ)

いまの若者には謎でも昭和オヤジには刺さってた! 「チンスポ」「目隠しライト」「グラフィックイコライザー」など古き良きカスタム10選

この記事をまとめると

  • ファッションにも流行があるようにクルマにも時代ごとのカースタイルがあった
  • レーシングカーをベースにしたカスタムがナウかった1970〜80年代
  • 懐かしの昭和スタイルを振り返る

懐かしの昭和スタイルを振り返る

 時代ごとの流行というのはクルマにもあって、昭和の時代は今では考えられないものが流行ったりした。クルマ好きがあちこちにいた古き良き時代と言ってしまえばそれまでだが、カスタムでもいろいろと装着したりしたものだ。そんな懐かしの昭和スタイルを振り返ってみよう。

オーバーフェンダー

 レース由来の憧れ装備といえばオーバーフェンダーだ。ハコスカのGT-Rやフェアレディ240ZやチェリーX1-R、三菱のギャランGTOやギャランクーペFTOなど、純正装着車への憧れはあった。そうなると、自分のクルマにも付けてみたいと思うもので、極太のワークスフェンダーなども流行った。

【関連記事】真のモテ男こそオープンカーで勝負をしていた! ツウには人気だった隠れデートカー5選

オーバーフェンダー画像はこちら

チンスポ

 こちらもレース由来で、バンパーの下に取って付けたような感じに装着されているのはなんともかっこよかった。実際のエアロ効果は今から思えば疑問だったが、付いていればよかったのだ。(写真はイメージ)

チンスポのイメージ画像はこちら

ダミーのオイルクーラー

 街道レーサー系でお馴染みだったのが、フロントバンパーのところに付けるオイルクーラーだ。ハコスカのレース車両がやっていたのがかっこよくてみんな真似たもので、真面目にエンジンブロックから配管しているのはいなくて、水道ホース的なものをグリルに突っ込んだだけというのが、ほとんどだった。

レーシングジャケット

 言葉の響きからするとすごいもののように思えるが、ライトに付ける透明のカバーのこと。車種によって付く付かない、似合う似合わないがあったが、ダルマセリカあたりは非常に似合っていた。レーシングジャケットのイメージ画像はこちら

画像ギャラリー