「アクリル水槽」「ミニモニ」「無限ホール」! 一時はバカウケも令和の世に消えた「車内カスタム」7選 (1/2ページ)

「アクリル水槽」「ミニモニ」「無限ホール」! 一時はバカウケも令和の世に消えた「車内カスタム」7選

定番から意外なモノまでピックアップ!

 平成なら「アムラー」や「ハマダー」、「エビちゃん」「カリスマ店員」など、ファッションにトレンドや流行があるように、クルマのカスタムにもその時代にあったトレンドが存在する。

 最近あまり見かけないけど、それ自体が(どちらかというと見た目的に)NGなカスタムになった、訳でもないのに「そういえば最近見ないな」というモノは、それがファッションであれクルマのカスタムであれ、確かにあるのだ。その中から今回は7つのカスタムパーツをピックアップしてみた。

1)アクリル水槽

 クルマの室内に円筒状の水槽!? 一見交わることのなさそうなカスタムだが、水槽の中でボコボコと泡とイルミネーションに彩られて動く姿は、まるでバーやクラブのような華やかさを思わせ、一気に室内が妖しい雰囲気に。

 これは円筒状のアクリル水槽に、エアポンプや上下にLED(または電球やネオン管)などを仕込んで演出するカスタムで、ナイトミーティングに足繁く通うバニング系やKカーカスタムオーナーに人気だった。確かに1990年代後半から2000年代前半までは一定数のクルマで見た技だ。懐かしいカスマイズアイテム

2)レースのハーフカバー

 一気に昭和の雰囲気漂う、でも高級感はあるのがレースのハーフカバー。運転手付きの高級車やタクシー、はたまた団塊の世代の方々が大好きなクラウンなどに装着されていたイメージが強いシートカバーだ。

 背面部分に車両と同じネームロゴが入っていると高級感があるし、そんなクルマに乗っているというステータス性も高まる。ちなみに「当時仕様」を再現するため、わざわざレースのカバーを探して付けるツワモノも多い。

 現在でもネットで検索すると販売しているので懐かしむ意味でも気になる人はチェックをしてほしい。懐かしいカスマイズアイテム

3)フラワーレイ

 アメリカのカスタム文化の中でもとくに人気の1つに挙げられるカリフォルニアスタイル。その中でもいくつかに細分化されるのが、南国をイメージさせる愛らしいCal(キャル)カスタムだ。明るい色使い、ウッドや各所のスムージング、丸みを帯びたホイールなどが支持され、全体的に可愛らしいコーディネーションが特長といえる。

 そんなキャルカスタムの中において、一時期ブレイクしたのがルームミラーに吊り下げるフラワーレイだ。淡い紫やピンク、橙、赤などの華やかなレイを吊り下げる人が多くいたが、やはり最近は見かけることが少なくなっている。懐かしいカスマイズアイテム

4)ミニモニター

 ヘッドレストやバイザーに組み入れられたモニターとともに、インパクトのあるモニターアレンジとしてモテはやされていたミニモニター。2.5インチと小さなモニターをA・Bピラーやラゲッジにワンオフしたオーディオなどにインストールすることで、(8~10インチがそれまでの主役だったが)より一層華やかなイメージを印象付けた。懐かしいカスマイズアイテム

 だがこちらも最近見かけないような気もするが、なぜだろうか?

「それはヘッドレストやバイザーモニターなどへの装着が車検NGになったのが影響しているかもしれませんね」とはバイクやCARカスタムのプロショップ、エレガントデザイン(埼玉県行田市)代表の大熊サン。懐かしいカスマイズアイテム

 ヘッドレストモニターに関しては、純正ヘッドレストの中にあるスポンジを抜き、モニターを入れる加工をすることで、事故の際に運転席・助手席に座っている人が衝撃を受けて危険になる恐れがあるから、と言われている。衝撃を和らげるためのヘッドレストにかえって危険な目に遭わされてしまうかもしれないのだ。懐かしいカスマイズアイテム

「よく後部座席の人が事故の際に頭をぶつけて危険だから、と思っている人がいますが違います。運転手や助手席の人を守るためです」。それを裏付けるように大手オーディオメーカーからはヘッドレストのシャフトに付けるモニターをリリースしているのだ。 

画像ギャラリー