afimp Style up Car Contest 2021 【第303回 兵庫県 ワイズワン】 (1/2ページ)

afimp Style up Car Contest 2021 【第303回 兵庫県 ワイズワン】

この記事をまとめると

  • 輸入車ドレスアップ専門誌「afimp」の人気レギュラー企画「スタコン」
  • 兵庫県西宮市にあるプロショップ「ワイズワン」で開催された模様をお届け
  • 個性的な17台を紹介

BMWスペシャリティショップとして知られる
兵庫・西宮のプロショップ「ワイズワン」で開催!!

 カスタムからチューニングまでカバーするBMWのプロショップ「ワイズワン」で行われた303回目のスタイルアップカーコンテストの模様をお届けします。

※記号説明

(A) フロントスポイラー(リップスポイラーも含む) (B) サイドステップ (C) リアアンダースポイラー(ディフューザー含む) (D) リアスポイラー(ウイング) (E) ステアリング (F) シフトノブ (G) ナビ+オーディオ (H) シート (I) フロアマット (J) ホイール (K) タイヤ (L) ブレーキ(キャリパー/ローター/パッド) (M) ショックアブソーバー (N) スプリング (O) マフラー (P) コンピューター (Q) その他エクステリア (R) その他インテリア (S) その他の機能系パーツ

【BMW M6 コンバーチブル】

南 真太郎サン 39歳(大阪府堺市)

 オールペンしたレッドメタリックボディに、シャンパンゴールドのポカールDR2をパツパツにセットした南/M6コンバーチブル。そんな外装とコントラストをなすシックな色味のインテリアは、Vitecにより総張り替えを敢行。ボルシュタイナーに加え、ワンオフしたリアディフューザーが走りの予感を強烈に放っていた。

【関連記事】ダムドがスバルWRX STI用の新作エアロをリリース! スーパー耐久参戦マシンと同様のボディキットに注目

BMW M6 コンバーチブル画像はこちら

(A)(D)ボルシュタイナー (B)Mスポーツ (C)ワンオフ (E)(F)(H)I Vitec (J)ポカールDR2(10×20:12×20) (K)コンチネンタル・スポーツコンチ6(255/30:305/25) L(C)(R)ブレンボ (P)ワンオフ (M)(N)アラゴスタ (O)ワンオフ (Q)ボディオールペン、不明・ボンネット (R)Vitec張り替え (S)afeエアクリーナー/プーリー、CCRスタビライザー

【BMW523d ハイライン】

秋丸慎一サン (兵庫県尼崎市)

 スポーティなM5フェイスに、グノーシスCV202をマウントしたロワードフォルムが印象的な秋丸/523d。M仕様リアアンダースポイラーからのぞくレムスのテールエンドが、スポーティな後ろ姿を印象づけてくれた。近くリアウイングやオールペンなどを検討しているとか。今後が楽しみです!BMW523d ハイライン画像はこちら

(A)M5純正 (C) M仕様 (J)グノーシスCV202(20インチ) (K)ATRスポーツ(245/35:275/30) (M)(N)BCレーシング車高調 (O)レムス(出口)

【ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ】

笹倉邦康サン 46歳(兵庫県西宮市)

 ランボルギーニのパーソナライゼーションプログラム「アドペルソナム」による特別な内外装に仕立てたアヴェンタドールSVJ。マットレッドとコントラストをなすため、マットブラックのBCフォージド・ホイールをはじめ、ルーフやリアディフューザーのカラーリングなどをコーディネイトしていた。ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ画像はこちら

(J)BCフォージド(20インチ/21インチ) (K)ピレリPゼロ・コルサ(255/30:355/25) (O)パワークラフトVer.2 (S)ルーフ・ラッピング、純正フェンダーダクト加工

【フェラーリ458イタリア】

壺井俊三サン 47歳(兵庫県神戸市)

 570馬力発生するV8エンジン搭載の458フェラーリに対し、リープデザインのボディキットにより、さらにシャープに変身した1台。そのテイストをさらに加速するのが、足元に装着したBCフォージドHCA383S。リムに突き刺さるような極細スポークが印象的で、スタイリングにさらに先鋭化していた。フェラーリ458イタリア画像はこちら

(A)(B)(C)(D)リープデザイン (J)BCフォージドHCA383S(20インチ:21インチ) (K)コンチネンタル・スポーツコンタクト6(255/30:335/25) (N)ノビテック

【VW アルテオン R-LINE アドバンス】

前田浩司サン 58歳(兵庫県西宮市)

 アルテオンをベースに、上品なツライチをコンセプトに仕上げた前田サン。足元のグノーシスCV201は前後でサイズを変え、リアにコンケイブディスクを装着。絶妙なツラ具合に仕立てることで、上質感を高めていた。スッキリ見えても、レボチューンにより380馬力へと増強された走りも文句なしとのこと。奥様と。VW アルテオン R-LINE アドバンス画像はこちら

(J)グノーシスCV201(8.5:9.5×21) (K)ミシュラン・パイロットスポーツ(245/30) (M)(N)KW Ver.1車高調 (P)レボチューン (Q)ルーフアンテナ・ボディ同色、VWエンブレム・カーボン、エレガンス用R風ドアミラーカバー、キャリパーペイント

画像ギャラリー