「フィアット500」に「プジョー208」! 今、輸入車をイジるなら「イタフラ車」がイチオシの理由とは (1/2ページ)

「フィアット500」に「プジョー208」! 今、輸入車をイジるなら「イタフラ車」がイチオシの理由とは

輸入車ライフを楽しみたいならイタフラ車メイクがイチオシ!

 スタイルアップのためにクルマを選ぶのか、選びに選んだお気に入りだからスタイルアップするのか──。まあ、最初から理由をつけてスタイルアップを始める人はいないと思うが、イタリアやフランスというラテン車オーナーの場合は、クルマ自体に惚れ込んでいる人が多いんじゃないだろうか。

初出:af imp.2021年7月号

ドイツ御三家に比べてより個性的な魅力がある!

 スタコン(注:af imp.誌にて連載中の読者参加型ドレスアップコンテスト企画)などで見かけるラテン系のクルマは、大体においてメイクがナチュラル。レーシーメイクでしっかりキメている場合も、オーナーのクルマ大好き感が伝わってくる。機能とルックスのバランスを楽しむジャーマン系メイクは魅力的だけど、装いの妙を楽しむラテン系メイクは、自分らしさを求めるユーザーにはピッタリに違いない。

 だが、インプの長い読者ならわかると思うが、ラテン系のクルマは伝統的にスタイルアップパーツが少ない。ユーザーの多いドイツ車に比べて、始める前から少々不利なポジションにいるといえる。

 もっとも、1990年代の最後あたりでアルファロメオ156が登場して以来、スタコンでも徐々にイタリア車ユーザーが増えきた。そしてこの数年来、フィアット500や、そのチューニングメーカーであるアバルトが人気で、アバルト595を通して往年のホットハッチメイクを追体験する、新しいスタイルアップファンも多い。そう、イタリア車は、コンパクトクラスを中心にゲンキ度を増しているのだ。

【関連記事】初心者にオススメのタイムアップの秘策をお教えします! 肝心なのは「ブレーキ」と「タイヤ」選び

フィアット500画像はこちら ちなみに、個人的な注目はフィアット・パンダ。小さくて人も荷物も沢山積める、イタリアのスモールカーの伝統を受け継いだこのクルマを、とびきりお洒落にキメる、なんてじつに楽しそうだと思うのだが。

パンダ画像はこちら

ALFA ROMEO

 ミラノに拠点を置くアルファロメオは、1990年代のアルファ156以来、走りとルックスのよさで、スタイルアップでも定番人気。現在はハッチバックモデルのジュリア、セダンのジュリエッタと、伝統のモデル名を復活させている。ステルヴィオは新世代のSUVでジュリアのスタイリッシュなエクステリアを受け継いだプレミアムモデルだ。

アルファロメオイメージ画像はこちら

FIAT

 イタリア最大の自動車メーカー、フィアットのラインアップはコンパクトクラスがメイン。フィアット500は近年の大ヒット作で、500X Sportや500X CrossなどSUVの派生車種も個性的だ。パンダは1980年代から続くスモールカーで、小さくて沢山積めるという、古き佳きイタリアのファミリーカーの伝統もしっかり残している。

フィアットイメージ画像はこちら

ABARTH

 アバルトは、フィアット500のチューニングメーカー。ブランド名は、1960年代にフィアット500のチューナーとして名を馳せたカルロ・アバルトの名前に由来する。スタート当初はアバルト500で人気を集めたが、その後さらに製品改良を進め、現在はアバルト595のモデル名でバリエーションモデルを展開している。

アバルトイメージ画像はこちら