クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「ランボルギーニ・ミウラ」や「デ・トマソ・パンテーラ」も登場決定! オートモビルカウンシル2022の充実した展示車に注目
CLASSIC
share:

「ランボルギーニ・ミウラ」や「デ・トマソ・パンテーラ」も登場決定! オートモビルカウンシル2022の充実した展示車に注目

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 PHOTO: AUTOMOBILE COUNCIL

博物館級の名車がズラリと展示される

 2016年から開催されている「AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビルカウンシル)」が2022年4月15日(金)から17日(日)までの3日間、千葉県・幕張メッセで行われる。同イベントは自動車メーカーが所有する名車が展示されるほか、クラシックカー専売店のブースでは販売も行われ、ひとつの会場で多くの実車を見ながら購入することもできる、日本では数少ないイベントだ。

主催者テーマ展示は「DTM」と「スーパーカー」

 毎年主催者テーマ展示として、普段は見られないような稀少なクルマが登場してきた。2022年は「DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の主役たち」と、「スーパーカードリーム」の2テーマに沿ったクルマが会場に持ち込まれる。

「DTMの主役たち」には、1980年代後半から1990年代前半にかけて主役だった「BMW M3 シュニッツァー」、「メルセデス・ベンツ190E 2.5 16 Evo.II AMG」、「Alfa Romeo 155 V6 Ti アルファ・コルセ」という3台のワークスマシーンが同時に集まる。当時のDTMを象徴する3台が一堂に会するのは、「AUTOMOBILE COUNCIL 2022」だけとなっている。Alfa Romeo 155 V6 Ti アルファ・コルセ

 また、もうひとつの「スーパーカードリーム」には、ランボルギーニ・ミウラ、デ・トマソ・パンテーラ、ランボルギーニ・カウンタック(予定)、フェラーリBB(予定)、マセラティ・ボーラ(予定)など、スーパーカー世代にとって永遠のアイドルを、ぜひとも会場で目に焼き付けてほしい。デトマソ・パンテーラ

YouTubeチャンネル「AUTOMOBILE COUNCIL Channel」を開設

 さらに2022年はYouTubeにて「AUTOMOBILE COUNCIL Channel」を開設した。同チャンネルでは、ヘリテージカーの魅力や楽しみ紹介するというもの。自動車ジャーナリストや各界の著名人が、さまざまなカーライフを紹介しながらその魅力に迫っていく。今後の更新に期待だ。

2022年は2枚綴り券が復活

 1月20日より前売りチケットの販売を開始している。販売期間は、会期各日のそれぞれ前日までとなっているので注意してほしい。今年は土曜日または日曜日にペアでの入場はもちろん、1名が土曜日・日曜日の2日間にわたり入場するという使い方も可能な、前売り限定の「2枚綴り券」が2年ぶりに復活。じっくりクルマを眺めたい方にはオススメだ。

 チケットの価格は、4月15日は前売り券が5500円、当日券が6000円(3000枚限定)、4月16日と17日は、前売り券が3000円、当日券が3500円。前売り限定の2枚綴り券は、4月16日と17日が入場可能日となり、5500円だ。なお、学生チケットは16日・17日のみ入場が可能で1800円となる(価格はすべて税込み)。

 最後に、新型コロナウイルス感染拡大防止策についてだが、感染状況の推移を注視しながら、政府指針、行政当局の指導に従い、新型コロナウイルス感染拡大防止策を適切に行い開催される。今後の状況によっては一部変更の可能性もあるため、ホームページをチェックしてほしい。

【詳しくはこちら】

◆AUTOMOBILE2022
https://automobile-council.com/

◆AUTOMOBILE COUNCIL Channel
 https://www.youtube.com/channel/UCfWi0bZhSPw7q1muspc0mvA/featured

すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS