フツーの会社員が「フェラーリ」や「ランボルギーニ」を買えた時代があった! 庶民オーナーが見た世界とは (1/2ページ)

フツーの会社員が「フェラーリ」や「ランボルギーニ」を買えた時代があった! 庶民オーナーが見た世界とは

この記事をまとめると

  • 2000年代初頭はスーパーカーがいまほど高騰していなかった
  • その時期に憧れのクルマを手に入れた庶民派オーナーたちを紹介
  • 投機目的で買われても綺麗に維持されればいつかは世に出てくる

サラリーマンでもスーパーカーを買えた時代があった

 比較的シンプルな構造といえるミッドシップ後輪駆動モデルの「ランボルギーニ・ウラカン エボRWD」でも、新車販売価格は2653万9635円。そしてV型6気筒エンジンを搭載している「フェラーリ296GTB」が3678万円でデリバリーされている現在は、すっかり「スーパーカー=お金持ちの乗り物」となっているが、以前は少しだけ状況が違った。

 ここで言う「以前」がいつごろなのかというと、それは10~15年ぐらい前のことだ。そのころといえば、「フェラーリ308」、「328」、「348」、「355」のユーズドカーが現在よりも安価で流通しており、「308」は450万円も払えば極上物をゲットでき、「355」も良質車を800万円ちょっとぐらいで購入できた。「ランボルギーニ・ガヤルド」最初期モデルの中古車も、900万円前後で売っていたと記憶している。そう、サラリーマンも頑張って仕事をすればスーパーカーオーナーになれたのだ。

※写真はすべてイメージです。

フェラーリ貯金をして「F355」のオーナーに

 そんな夢のような状況下において、低コストで実際に1995年式「フェラーリF355ベルリネッタ」を購入できた会社員オーナーを取材したことがあった。3年間のスーパーカー貯金を経て、自分の分身だと思える最愛のフェラーリをゲットしたSさん(現在48歳)は、若いころにS13型日産シルビア、FD3S型マツダRX-7、そして、ビッグタービンを投入し670ps仕様にしたA80型トヨタ・スープラなどに乗っていた。

 しかし、いつしかハイパワー車に乗る生活に疲れ、30歳ぐらいでワンボックスカーを購入。大人しく暮らしていたが、やはりそう簡単に自動車趣味生活をやめられるはずがなく、ふたたびハイパワー車に戻ることを決意した。とはいえ、30歳オーバーで国産のヤンチャなクルマに乗るのはもうやめようと思い、964型のポルシェ911ターボや996型ポルシェ911などの購入を考えたという。

【関連記事】京商「samurai」シリーズ初のレーシングモデル! 「NISSAN IMSA 300ZX GTS-1 ♯75」が発売

フェラーリオーナーたちのミーティング画像はこちら

 ドイツ車でもよかったが、「う~ん、イタリアン・スーパーカーのほうがいいかも……」という心のなかのモヤモヤした気持ちを払拭できなかったSさんは、35歳のときにフェラーリを買おうと決心。一念発起して貯金を始め、3年後に晴れて「F355」のオーナーとなった。サラリーマン・オーナーの強い味方である良心的なスーパーカー専門店で人生初のフェラーリを購入したが、その後は大きなトラブルもなく、少ない維持費で充実したスーパーカーライフを満喫できた。

「欲しい気持ちがあれば迷わず突き進もう」とは、取材時に語ってくれたSさんの言葉で、人生、為せば成る、というか、人生、頑張れば誰でもスーパーカーオーナーになれるタイミングが確実にあったのだ。人によってはアパート暮らしでカップラーメン生活を強いられたケースもあったと思うが、いやはや、良い時代であった。

スーパーカーといえばカウンタック画像はこちら

スーパーカーへの憧れが凝縮された「ミウラ」

 Sさんのように大人になってからフェラーリの購入を決意する人がいる一方で、子どものころに巻き起こった「スーパーカーブーム」に感化され、いつの日にかオーナーになるぞ! と思いながら成長し、本当に買ってしまった人もたくさん存在している。

 1968年式の「ランボルギーニ・ミウラP400」を愛用している闘牛さん(仮名/現在54歳)は、26歳のときに人生初のフェラーリとして「F355」を購入した。やがて後継モデルの「360モデナ」がリリースされ、買い換えを考えたが、このタイミングで闘牛さんはその後のスーパーカーライフを大きく左右する決断をした。速さだけを追い求めるのは、もうやめようと思ったのだ。

「子どものころに抱いていたスーパーカーへの憧れを追いかけようと思い、すでに“カウンタックLP400S”を所有していましたが、たまたま出てきた“ミウラ”を購入しました。いまよりもミウラの価格が落ち着いていたので、F355の下取り価格と同程度でした」とは闘牛さんのコメント。いまも仕事が休みの日に、気が置けない仲間たちと完調なミウラでのツーリングを楽しんでいる。

ランボルギーニ・ミウラ画像はこちら

画像ギャラリー