わかってる人は「豪華ミニバン」より「商用車」を選ぶ! 車中泊ベストが「はたらくクルマ」と言われるワケ (1/2ページ)

わかってる人は「豪華ミニバン」より「商用車」を選ぶ! 車中泊ベストが「はたらくクルマ」と言われるワケ

車中泊カーとして選ぶべきクルマのタイプの条件とは

 大流行の車中泊。キャンプや趣味のパートナーとして活躍してくれるクルマだが、ベースとなる車種によって快適性が大きく変わることは意外と知られていない。豪華なミニバンやSUV、ステーションワゴンなど選択肢は数あれど、意外な盲点が「商用バン」だ。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

NV350キャラバン画像はこちら

 仕事に使うクルマとして生まれたこともあり快適装備が少ない反面、そのシンプルさこそが車中泊にとって大きなメリットになる。

RVブームでバンやステーションワゴンが下剋上を果たす

 今から40年ほど前、日本の自動車産業において商用車は地位の低いクルマであった。普通乗用車の後部を荷室へと作り変えた車両は「ライトバン」、キャブオーバーの商用車は「ワンボックス」と呼ばれ、商用の貨物車として棲み分けされていたのである。ところが1980年代の中頃から’90年の初頭に吹き荒れたバブル経済により日本国内に多種多様の輸入車が持ち込まれ、持て余すお金をレジャーへと費やす相棒として「ステーションワゴンブーム」が訪れる。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

50系ハイエース画像はこちら

 メルセデスベンツ300TE、BMW320ツーリング、アウディ80アバント、シトロエンBXブレーク、フォード・トーラスワゴン、ボルボ240エステートなどが急激な勢いで日本の自動車を席巻し、ライトバン形状のクルマの地位を向上させた。ボルボ240エステート画像はこちら

 一方、ワンボックスと呼ばれていたマツダ・ボンゴ、日産ホーミー/キャラバン、トヨタ・ライトエース&タウンエースなども大ブームを呼んだ。ほかにもアストロブームやエスティマなどの大ヒットにより、地位向上を果たした。この出来事は日本の自動車史において大きな変革期となり、現在のミンバンブームや200系ハイエース、NV350キャラバン人気へとつながっていく。

商用車で誤解されがちな毎年車検のネガティブ要因はなし

 商用の貨物車であるバンやライトバンと、乗用車であるミニバンやステーションワゴンの違いは、ともに基本骨格(サスペンション形式は除く)に大きな差はないが、車両の登録や税金に違いがある。商用車は基本的に4ナンバー登録(※編集部注:乗用の5ナンバーサイズであれば)となり、初年度登録から2年目以降の継続車検は1年ごと(軽商用車は2年ごと)となる。毎年、車検を継続する手間はあるものの、乗用車登録(3、5ナンバー)のモデルと比較すると自動車税と重量税が安く設定され、トータルで計算すると商用車登録の方が維持費は安い。車検証画像はこちら

 毎年の車検は手間がかかる一方、クルマのコンディションを把握する上では車両検査は大きなメリットになるはずだ。ただし、商用車登録となるバンはセカンドシートがリクライニングしないモデルが多いことや、内装や使用される素材が簡素、快適装備が少ないことを覚えておこう。