「軽自動車ってすげー!」と感動必至! 余裕で車中泊ができる最新KカーTOP5 (1/2ページ)

「軽自動車ってすげー!」と感動必至! 余裕で車中泊ができる最新KカーTOP5

車中泊において広さはもっとも重要な性能

 ここ最近のアウトドア・車中泊ブームのなかで、意外にも(!?)注目されているのが軽自動車だ。何しろスーパーハイト系や、働くクルマとしても定評あるキャブオーバー系の室内空間のゆとりは、むしろコンパクトカー以上。室内高があのアルファードを超える1400mm以上に達するクルマもあるほど(この室内高が車中泊において重要なポイント)。

 しかも、多彩なシートアレンジによって、車内のベッド化やお座敷化することがたやすく、もちろん、お値段も手ごろ。メーカー純正、あるいは車外品のアウトドア&車中泊用のアクセサリーも多数用意されているから、車中泊用のカスタマイズしやすいのも人気の理由なのである。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

ホンダN-VANの車中泊仕様画像はこちら

 なお、ここでは各車の走行性能や走行中の快適性は横に置き、止まっているときの車中泊性能にのみスポットを当て、TOP5を筆者の独断でランキングしたい。無論、各自の使い勝手によっては、ランキングが上下するのはもちろんで、つまり、ここでのランキングが5位であっても、人によっては1位になりうるというわけだ。

5位:ダイハツ・アトレー

 働く軽自動車(商用車)であり、2021年12月に新型が発売されたばかりのダイハツ・アトレーも車中泊に向いている。商用車用の新DNGAプラットフォーム、CVT、先進運転支援機能のスマアシを採用するとともに、後席を足元スペースに収めてラゲッジルームを拡大できる水平格納式リヤシートを設定。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

ダイハツ・アトレー画像はこちら

 ほぼ完全フラットで広々としたベッドスペースには、お座敷が出現。デッキサイドポケットなど、車中泊時のベッドまわりの収納も十分で、ポップアップ式リヤガラスは防犯効果もある換気用として重宝しそうだ。天井高は1215mmしかないのだが、横になることを最優先するとすれば、どうということはない。カーテンやマット類のアクセサリーも充実している。ダイハツ・アトレーのラゲッジルーム画像はこちら

4位:ホンダNーBOX

  これまた、アウトドアファン、車中泊ファンにとっては意外も意外な1台が、ホンダNーBOX。日本でもっとも売れている軽自動車でもあり、洗練されたスタイリング、インテリアデザインからむしろ都会っぽいイメージもあるのだが、室内高はアルファードと同じ1400mmである。ホンダN-BOX画像はこちら

 ホンダ独創のセンタータンクレイアウトによって、シートアレンジ性は秀逸で、低くアレンジすることも可能。前席を含めたフルフラットモードにはならないものの、前席のヘッドレストを外して倒し、リクライニングした後席とジョイントさせれば、仮眠もしやすいリラックスモードになるから便利なのだ。ホンダN-BOXのラゲッジルーム画像はこちら

 車中泊適性度100%とは言えないものの、ライトな車中泊にはそれなりに使えるはずである。くどいようだが、室内高1400mmはやっぱりすごいのである。