クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 「軽自動車ってすげー!」と感動必至! 余裕で車中泊ができる最新KカーTOP5
OUTDOOR
share:

「軽自動車ってすげー!」と感動必至! 余裕で車中泊ができる最新KカーTOP5

投稿日:

TEXT: 青山尚暉  PHOTO: 本田技研工業/ダイハツ/Auto Messe Web編集部

3位:スズキ・スペーシアギア

 意外と思うかもしれないが、スズキ・スペーシアもスーパーハイト系軽自動車のなかでは車中泊に適している。大容量パッケージに磨きがかかった最新モデルの室内高は1410mmに達し、前席までアレンジすれば、最大2mものベッドスペース、お座敷化が可能。助手席下に取り外しできるバケツ状のアンダーボックスがあるのも、アウトドア、車中泊で重宝する(水の運搬も可能)。スズキ・スペーシアギア

 日中、ベッド化しないシチュエーションでは後席のみの格納になるはずだが、その際の後席格納~ラゲッジルームのフラット度はクラス最上。幅最小850mm×奥行き1350mmのほぼ完全フラットなリビングルーム(!?)が使えるのである。ギアならエクステリアのクロスオーバー感も強調され、ただのスペーシアとは違う、アウトドアに似合うアピアランスとなる点もお薦め理由となる。スズキ・スペーシアギアのラゲッジルーム

2位:ホンダNーVAN

 あくまで働く軽自動車であるNーVANだが、それだけに室内空間効率は抜群。運転席、助手席、そして後席のかけ心地はプアで(とくに助手席と後席)、N-BOXあたりとは比較にならない。だが、大きな荷物を目いっぱい積める室内のアレンジ性は乗用車タイプとは別格だ。ホンダN-VAN

 また、助手席を倒すことでほぼ完全フラットな全長2635mmものベッド&お座敷スペースが出現。筆者がこだわる室内高は1365mmにとどまるものの、フラット化したシートがごく低くセットされるため、頭上方向も余裕だ。アウトドアや車中泊ファンがカスタマイズしている例も多く、もちろん純正、非純正を問わず、車中泊用品はふんだんに揃っているから、楽しい。ホンダN-VANのラゲッジスペース

1位:ダイハツ・ウェイク

 ウェイクは軽自動車最大級の室内空間を誇り、なんと言っても車内をベッド化、お座敷化したときの天井高方向のゆとりでベスト。室内高は乗用車として最大級の1455mm!!(アルファードは1400mm)。前後席とラゲッジスペースをつなげれば、身長180cmの人だってクッションなどを敷くことで真っすぐ横になれる室内長、ベッド長がアレンジできるのだ。ダイハツ・ウェイク

 しかも、汚れや水気に強いラゲッジルームの床下には90Lもの大容量ラゲージアンダートランクが備わり、すぐに使わない荷物の置き場にも困らない。アクセサリーのジョイントクッション(1名分4万700円)を用意すれば、室内長目いっぱいに広がるフラットなベッド、お座敷が出現。座った状態でも頭上に余裕があり、のびのびとできるのも大きな特徴となる。ダイハツ・ウェイクのオプションパーツ

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS