なんだこの「ホラー感」! 当時のお金持ちをイメージした「ミシュランマン」誕生秘話 (1/2ページ)

なんだこの「ホラー感」! 当時のお金持ちをイメージした「ミシュランマン」誕生秘話

フランス生まれの白くて丸い「ミシュランマン」、またの名を「ビバンダム」

「ビバンダム(Bibendum)」と呼ばれることもある「ミシュランマン」は、フランスのタイヤメーカー「MICHELIN(ミシュラン)」のマスコットキャラクターだ。ブランドの象徴として、ミシュラン販売店の店頭からモータースポーツ・フィールドに至るまでの、あらゆるシーンで親しまれている。

最新スポーツタイヤからクラシックタイヤまで揃える「ミシュラン」

 世界的なタイヤブランドのひとつである「ミシュラン」は、いつの時代にもユーザーが愛用している様々なクルマと多様なドライブニーズに合った、安心かつ経済的なタイヤをデリバリーしてきた。装着するだけで、ハンドリングや安全性の改善を期待できるので、以前、筆者が同時期に愛用していた3台のポンコツに「せめてタイヤだけでも……」と思ってミシュランを奢っていたこともある。

 そんな縁もあって、筆者にとって「ミシュランマン」は数あるマスコットキャラクターのなかでもっとも身近な存在なのだが、その歴史を辿ると最初期のころは容姿がホラーチックで、怖いものだったことに気づく。1898年に誕生したミシュランマンの、キャラクター創成期のエピソードを紹介すると、こういうことになる。

【関連記事】なぜ2世代も前のスバル「サンバー」が今なお愛されるのか? 「WRブルーマイカ」の限定車を京商のミニカーで振り返ろう

1898年第1回パリ・モーターショーでデビューしたミシュランマン画像はこちら

1898年の第1回パリ・モーターショーでデビュー!

 1894年にフランスのリヨンで開催された博覧会に、タイヤメーカーであるミシュランもブースを出展した。この博覧会の入り口の両側では、山のように積まれた大きさの異なるタイヤが来場者を出迎えていたが、そこへミシュランの創業者であるアンドレ(兄)とエドゥアール(弟)がやってきて、弟が兄に「あれに腕を付けたら人間になるじゃないか?」と言ったことがミシュランマン誕生のきっかけだったと言われている。

タイヤの山を前にしたミシュラン兄弟の姿を描いたミシュラン・グラフィック・スタジオによる原画。ミシュランマンが誕生するきっかけとなったシーンである。画像はこちら

 この会話のあと、兄のアンドレは芸術家であり広告デザイナーでもあるオ・ギャロップことマリウス・ロシヨンと会い、彼が酒造メーカーのために描いたものの採用されなかったデッサンが目に留まった。そこには、ふっくらとした男性とラテン語の格言である「Nunc est Bibendum(いまこそ飲み干すとき)」というフレーズが描かれていた。

 敏腕の実業家であったアンドレは、タイヤ男(のちのミシュランマン)にクギやガラスなどを入れたグラスをに持たせれば「空気入りのタイヤは障害物があっても乗り心地がいい」というアピールになると思ったのだという。

オ・ギャロップことマリウス・ロシヨンが描いたミシュランマンのスケッチ画像はこちら

 アンドレはマリウス・ロシヨンに自分が理想としているイメージを熱心に伝え、1898年4月にスケッチが描かれた。そこには複数のタイヤで構成された大きなキャラクターがいて、お酒が入っていたカップは割れたガラスと釘が入ったコップに変わり、ラテン語の格言はそのままに、フレーズは「ミシュランのタイヤは障害を飲む」とされた。

 同年6月に開催された第1回パリ・モーターショーのミシュランブースで、「Nunc est Bibendum」と題された作品のなかにミシュランマンが登場し、晴れて「ビバンダム/ミシュランマン」が誕生したのである。

ミシュランマン/ビバンダムを描いた初の広告ポスター。ビバンダムの名前の由来は「Nunc est Bibendum(いまこそ飲み干す時)」というラテン語の格言画像はこちら