今どき流行の復刻版「クラシックタイヤ」! オシャレ目的で今のクルマに履いても問題ない? (1/2ページ)

今どき流行の復刻版「クラシックタイヤ」! オシャレ目的で今のクルマに履いても問題ない?

クラッシックタイヤを今風に履きこなすには

 横浜ゴムやミシュランから、クラシックカーやヒストリックカーのオリジナルスタイルや走りのテイストにこだわった、「クラシックタイヤ」が発売されている。

タイヤメーカーが発売しているクラッシクタイヤは現代の技術が集積しているので最近の車でもレトロな乗り味が楽しめる

 これらの「クラシックタイヤ」を、1970年代以前の本物のクラシックカー、ヒストリックカーではなく、最近のレトロチックなクルマに装着しても似合うと思うのだが、ドレスアップ的にこうした使い方をするのはありなのだろうか?タイヤメーカーが発売しているクラッシクタイヤは現代の技術が集積しているので最近の車でもレトロな乗り味が楽しめる

 いまのクルマと「クラシックタイヤ」の相性、安全面、その他注意点などについて、横浜ゴムと日本ミシュランタイヤの広報担当者にお話を伺ってみた。

横浜ゴムのクラシックタイヤは最新技術デチューンでの復刻版

 当時のトレッドパターンやロゴを精緻に再現し、名車の雰囲気を損なうことなく、快適なハンドリングを取り戻す「G.T.SPECIAL」や「ADVAN HF type D」など、幅広いクラシックタイヤを用意している横浜ゴム。タイヤメーカーが発売しているクラッシクタイヤは現代の技術が集積しているので最近の車でもレトロな乗り味が楽しめる

 今どきのクルマに「クラシックタイヤを装着しても大丈夫なのか?」という問いに対しては、「問題ない」という答えをいただいた。

「復刻したType DやGT Specialについては、トレッド・サイドのデザインはほぼ当時のままですが、構造やコンパウンド等は現代の技術を使用しています。したがって、性能に関してもほぼ既存のタイヤと同等になります」とのこと。タイヤメーカーが発売しているクラッシクタイヤは現代の技術が集積しているので最近の車でもレトロな乗り味が楽しめる

「ただし、この性能については注意が必要であり、旧車の足まわりに過度な負担をかけないよう、あえてデチューンを行い、当時のレベル同等としています。これは現代のタイヤと比較するとタクシータイヤの性能とほぼ同じになります」。タイヤメーカーが発売しているクラッシクタイヤは現代の技術が集積しているので最近の車でもレトロな乗り味が楽しめる

 つまり、1970~80年代に発売した当初はハイグリップタイヤだったが、30~40年の年月を経てタイヤの技術自体も大きく進化しているので、その点だけは頭に入れておく必要があるわけだ。

 したがって「当時のハイグリップタイヤのイメージで走行した場合、現代のハイグリップタイヤと比べグリップしないと思われる可能性があります。また車両重量もこの30~40年で重くなっていることもご注意ください。これらの点を考慮の上、ドレスアップ目的で使用される場合、何ら問題はありません。実際に多くの(新旧の)VWビートルオーナーの方々に「G.T.SPECIAL」シリーズなどをご愛用いただいております」。

画像ギャラリー