ラギッドなキャラバンにスポーティなハイエース! 箱車カスタムの老舗「シーアールエス」が贈る対極するふたつのカスタムスタイル【東京オートサロン2022】 (1/2ページ)

ラギッドなキャラバンにスポーティなハイエース! 箱車カスタムの老舗「シーアールエス」が贈る対極するふたつのカスタムスタイル【東京オートサロン2022】

コンセプトは対極にあるハイエース&キャラバンを披露

 200系ハイエースやNV350キャラバンで、レーシーかつ精悍なスタイリングとスポーティで快適な走りの乗り味を提案するのが、箱車カスタムの老舗ショップ「シーアールエス」。同店がラギッドなスタイルのNV350キャラバンと、最新ホイール「EW」を装着した200系ハイエースを東京オートサロン2022で披露しました。コンセプトを明確に分けた話題の箱車2台を紹介します。

道具を積んで遊びに出かけたくなるラギッドなNV350キャラバン

 まずは、ダークメタリックカラーに身を包んだNV350キャラバンです。この車両には、フロントバンパーガード/リーガルフェンダー/リヤウイングなどのエアロパーツを装着。コンセプトはアメリカントラックをイメージした、タフネスな佇まいです。スタイリングを強調しているのはラギッドなデザインのフロントバンパーで、トーヨー・オープンカントリーR/Tの装着によってシャコアゲSUV的な雰囲気に仕立てられています。

【関連記事】フルノーマルの中古車は超高額で手に入らない! ならば中古チューニングカーは買っても大丈夫!?

シーアールエスのNV350キャラバン画像はこちら

 このブロックタイヤに合わせるホイールは、ハイエースでも人気のエセックスの2ピースホイール「EL」(16×7.5J+42)で、マットブラックの6スポークが足元を引き締めています。ほかにもマットブラックはフロントグリルやリヤバンパーなどにも随所に差し色として使われ、全体的にモノトーンな雰囲気がダークグレーメタルのボディカラーと相まって、引き締まったイメージに仕上げられています。ESSEX「EL」ホイール画像はこちら

 またリヤスタイルにはスモークタイプのLEDテールにランプガードを装着させることでタフネスさをさらに際立たせています。ボディサイドには車検対応の出幅6mmのシボ調リーガルフェンダーも装着され、テールゲート上部には貼るだけで取り付けできるリヤウイングも装着されています。シーアールエスNV350キャラバンのリヤスタイル画像はこちら

 なかでも「カッコいい!」と感じたのは、リヤゲートのステップ部だけに止まらずフロントドアの各ステップや2列目シートからカーゴルーム後端までをすべてアルミ縞鋼板仕様としていたところ。この床全体に貼られた無機質な雰囲気が、骨太でとってもクールです。シーアールエスNV350キャラバンのラゲッジ画像はこちら

 ちなみにサイドミラーやエンブレムに使われている赤い差し色は、日産のコーポレートカラーをイメージし、アクセントにしているそう。今回披露したNV350キャラバン用のエアロパーツや縞鋼板のアルミステップカバーは発売予定なので、いまから楽しみですね!