クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • ブームに乗せられて買った「旧車」が生む悲劇! 中途半端な覚悟では歩めない茨の旧車道
CLASSIC
share:

ブームに乗せられて買った「旧車」が生む悲劇! 中途半端な覚悟では歩めない茨の旧車道

投稿日:

TEXT: 高桑秀典 PHOTO: トヨタ自動車/日産自動車/高桑秀典

クルマへの愛情があってこそ成り立つカーライフ

 一時期と比べると販売価格は落ち着いてきたが、いまなお開発者の顔が見える昭和のクルマたちが人気だ。2022年も依然として旧車ブームが続いているといっていい。

 そのような状況のなかで、熱心な自動車趣味人のみならず、さほどクルマに興味がない人たちも“ちょっと乗ってみたい”、“もっと値上がりするかも”といった動機で旧車をゲットした。人気車種に関しては、購入するムーブメントが現在進行形だといえる。旧車ブーム到来

 世間で流行になった途端に飛びつく日本人ならではの習性で、キツイ言い方だが猫も杓子も「旧車、キュウシャ」と盛り上がった。しかし、である。冒頭で述べたように販売価格が落ち着いてきた影響で、ブームに乗ってみたかった、投機目的で買ってみたかった、という理由で旧車を買ってしまった人が現在モヤモヤしているのだ。

憧れのケンメリを4000万円で手に入れた59歳男性の場合

 さすがにトヨタ2000GTを1億円で買った人は周囲にいないが、知り合いの知り合いである鈴木さん(仮名/59歳)は、ケンメリ時代のスカイライン2000GT-R(KPGC110型・1973年登場)を4000万円前後で買ってしまった。彼はケンメリGT-Rの実際の性能や価値に気づいて売ろうと思っているが、もはや売れない……という迷宮に入ってしまっているのだ。ケンメリGT-R

 残念ながら面識がある人ではないので続報はないが、おそらく売却できずに困っているに違いない。旧車に4000万円も払えるので、もしかしたら金銭面の悩みはまったくないのかもしれない。しかし、つねにトラブルや事故に遭う恐れがあり、おいそれと一般道を走るわけにもいかない稀少なケンメリGT-Rがガレージにあっても眺めることぐらいしかできないので、早くどうにかしたいと思っているはずだ。S20エンジン

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS