やっぱり「激安パーツ」は落とし穴だらけ! 実際にあったケチって地獄を見たクルマいじり3つ (1/2ページ)

やっぱり「激安パーツ」は落とし穴だらけ! 実際にあったケチって地獄を見たクルマいじり3つ

安さと夢がいっぱいの中古パーツにはリスクもいっぱい!

 ヤフオクやメルカリなどで中古パーツも簡単に手に入る時代。しかーし、ケチって中古パーツを買ったがゆえに起きてしまった残念なこともある。あ~新品にしておけばよかった……という経験談をいくつかご紹介しよう。

※写真はすべてイメージです。

その1 買い揃えたホイールが歪みまくり

 某スポーツホイールが欲しかったワタクシ。その時点でもう、そのホイールは生産終了となっていて、新品は購入できず。仕方なくヤフオクを日々巡回していると2本を発見! 結構リーズナブルな価格だったのでさっそく購入したのだが、その後、もう2本を探すも出てこず、なぜかそういうときに巡り合うのは4本セット(笑)。まあ、6本あってもどうにかなるかと、こちらも購入。

 タイヤショップに組んでもらおうと持ち込むと、「中古ならまずはホイールだけで回してみようか」とスタッフのお言葉。「あらあらあら」と声が聞こえ、内側リムが歪んでいることが判明。歪むというより、内側リムは全体に中心がズレていたようで、グワングワンと縦に動いてしまっている。

 結局、6本中、歪んでいたのがなんと4本で、うち2本は使用不可レベル。2本は歪んでいるものの「使えなくはないのでリヤタイヤに履かせてね」とのことだった。

 ホイールは消耗品だということをつくづく痛感。出品者が知っていたのかどうか定かではないが、ホイールはある程度の距離や使い方で歪んできたりするものだ。「当時物美品!」と謳う中古ホイールもヤフオクなどで多数出品されているが、まっとうに使えるかは運による部分も多い。

【関連記事】AMG「G63」がピックアップに! 10台限定のブラバス「P900ロケット エディション」のヤバすぎるカスタムとは

ホイールの歪みは出品情報だけではわからず運次第の面も画像はこちら

その2 マフラーから謎の異音が……

 購入した中古車に付いていたスポーツマフラーの話。有名ブランド製品でラッキー! と思っていたが、走っているとどこからかずっと「キンキン」という金属音がする。足まわりでもエンジンでもなさそうで、行き着いたのはこのマフラーだった。

 外してみるとマフラーの内部から音が聞こえる。どうも内部パーツの溶接が剥がれて、それが当たって金属音が発生していた模様だ。

 マフラーはタイヤやブレーキパッドと違って、見た目に減るものではないのでわかりにくい。しかし、高温にさらされているものだけに、劣化をしないわけがない。よくあるのは内部のグラスウールがなくなってしまい、とんでもない爆音になってしまうことだが、今回はそもそも内部が熱と振動によって劣化していたのだ。結局、異なるメーカーのマフラーを新品で装着することになった。中古でマフラーを買ったわけではないので損をしたわけではないが、マフラーも中古品には注意が必要だ。

マフラーは内部の劣化にも注意したい画像はこちら