純正に戻す? それとも「そのまま売る」が正解? 手塩にかけた「改造車」もっとも賢い売却方法とは? (1/2ページ)

純正に戻す? それとも「そのまま売る」が正解? 手塩にかけた「改造車」もっとも賢い売却方法とは?

いろんなクルマに乗りたいカスタム好きが直面する悩み

 クルマを愛する人のなかには、愛車をオンリーワンにするべくカスタマイズに勤しんでいる人もいることだろう。そういった人の多くは売却することを考えずにカスタマイズを進めているとは思うが、もしどうしてもほかに欲しい車両が出てきた場合や、環境が変わったことで愛車を手放さなければならなくなってしまうこともあるだろう。

 そんなとき、カスタマイズ済のままその手の車両を専門的に扱う専門店に売却するのか、それとも可能な限り純正状態に戻して売るのかという問題が出てきてしまう。

新車ディーラーなどでは評価は期待できない

 ちなみに、一般的な中古車買取店やディーラーの下取りでは、カスタマイズされている車両はほぼほぼマイナス査定となる。比較的新しいカーナビやディスプレイオーディオなどや、有名メーカーのアルミホイール程度であれば若干のプラス査定となる場合もある。だが、ほとんどの場合は「ノーマル部品はありますか?」と聞かれるのが関の山だ。

【関連記事】アバルト「595」に総額492万円のパーツを装着!「A PITオートバックス東雲」で購入できるアイテムだけで作った1台とは

カーナビ装着イメージ画像はこちら

 では専門店に売却する場合はどうかというと、そのカスタマイズがどの方向のものかで若干変わってくる。

 例えばミニバンやVIP系セダンといったドレスアップ寄りのカスタマイズの場合、専門店に売却する場合は一般的な買取店よりは高く買い取ってもらえる可能性が高い。しかし、ドレスアップ系カスタマイズは流行り廃りが早いため、時代の流行にそぐわないものだと期待するほどのプラスにはないだろう。

VIPカー中古車画像はこちら

走り系チューニングはプラスになる可能性も

 逆にある程度プラス査定が見込めるのが、スポーツ系のカスタマイズだ。スポーツ系車種の中古車を購入しようとしているユーザーは、購入後にスポーツ系のカスタマイズを考えている人が多い。車高調やマフラー、アルミホイールといった走りに直結するカスタマイズは、プラス査定となる場合が大きい。

車高調のイメージ画像はこちら

 ただ、逆にあまりにガチすぎるカスタマイズ、例えば内装がドンガラだとか、ロールケージが入っていて2名乗車公認とか、快適装備を投げ捨てて軽量化といったものは敬遠されることも多いので注意が必要だ。