クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • もはや「別グルマ」レベルの顔面整形! ファンも困惑する「やりすぎ」マイチェン車たち
CLASSIC
share:

もはや「別グルマ」レベルの顔面整形! ファンも困惑する「やりすぎ」マイチェン車たち

投稿日:

TEXT: 島崎 七生人 PHOTO: 島崎 七生人

フェイスリフトによってガラリとデザインを変えた例も

 さてフェイスリフトというと、ヘッドライトの形状変更だけに留まらず、ガラリとデザインを変えた例も少なくない。スバルインプレッサ(2代目)はその代表例で、初期型を含めると通算で3つの“顔”が存在した。

 ザックリとだがその流れは最初に丸目、その次のアルファ147のような、いわゆる涙目、そして3番目はスプレットウイングスグリルと呼んだ航空機をモチーフとしたフロントデザイン。この3番目のデザインはR1、R2(や少し違うがトライベッカ)にも採用されたが、R2ではフェイスリフトが行われ、普通のデザインのフロントマスクに変更を受けた。スバル・インプレッサ

 ホンダではインテグラ(3代目)のフェイスリフトが印象に残る。当初はバンパーにくり抜いた穴に小振りな丸型4灯式ヘッドライトを埋め込んだデザイン(見た目が似ていたアルファGTVはフードを開けるとランプユニットは一体式)で、4ドア車も共通だったが、後期型では横長のオーソドックスな異形に改められた。ホンダ・インテグラ

 ホンダ車では同様の例はほかにもあり、初代トゥデイは初期型はクッキリと個性的な丸型2灯ヘッドライトだったが、マイナーチェンジのフェイスリフトで、薄型の、よくいえば大人しい印象のデザインに変えられた。ホンダ・シティ

 初代CR−Xも当初は、カバーが半分だけ浮き上がるユニークなセミリトラクタブル式ヘッドライトだったが、最終型では固定式の異形ヘッドライトに変えられた。フェイスリフトではないが、ホンダ車ではリトラクタブルヘッドライトがセールスポイントだった3代目アコードで、カナダ仕様と共通の固定式ヘッドライトの“CA”が用意された。ホンダ・アコード

 そのほかスカイラインもフェイスリフトの実施例がある。5代目(ジャパン)がそうで、当初は丸型4灯ヘッドライトだったが、途中のマイナーチェンジで大型の異形角型となり、それまでのグリルのパターンの変更などよりも一歩踏み込んだフェイスリフトが実行された。その次の6代目では、“鉄仮面”の愛称でおなじみの薄型ヘッドライトを採用したRS系のマスクがあった。日産スカイライン

 それともう1台、日産ウイングロードのフェイスリフトモデルも加えておこう。これはほとんど主観だが、まるでイタリア車のようなマスクへの変貌ぶりに、試乗会で試乗もそこそこに、思わず見入ってしまったクルマだった。日産ウイングロード

 ほかにもフェイスリフトの例はたくさんあったが、そういえば最近のクルマでは、かつてのような大胆な例はめっきりと少なくなった気がする。LEDのシグネチャーライトのデザインを一新しました……と言われても、オーナーでなければ見分けがつかない場合すらある。

 もちろんフェイスリフトの第一義は量産車である以上、イメージを変えて販売に結びつけることだが、「ええっ!?」と思わせられるようなフェイスリフトが許された時代は、それだけ今とは環境も空気も違ったということなのだろう。 

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS