マイナス196度で凍らせるとクルマが速くなる!? いま巷で話題の「アイスフューズ」って何? (1/2ページ)

マイナス196度で凍らせるとクルマが速くなる!? いま巷で話題の「アイスフューズ」って何?

−196度の液体窒素で冷凍したアイスフューズカスタム

 最新の電装系カスタムで注目のアイテムがある。それがアイスフューズだ。その名の通り、フューズを−196度の液体窒素で凍らせることによって、金属の原子の並びを整頓させ、電気の流れをスムースにするというもの。

【関連記事】アバルト「595」に総額492万円のパーツを装着!「A PITオートバックス東雲」で購入できるアイテムだけで作った1台とは

アイススローブローフューズ画像はこちら

 元々はカーオーディオの音質向上などを目的に開発されたものだが、電気の流れが良くなることで電気信号を多用する最近のクルマでは、さまざまな効果があると言われている。道路で例えると、これまで未舗装だった道がキレイにアスファルト舗装されるだけで、そこを走るクルマの流れが良くなるといったイメージだ。

ラインアップの拡充ですべてのフューズをアイス化できるように

 アイスフューズは、クルマ用としてブレードタイプやメインフューズなどが、ユナイテッドサウンドやプローバから発売されている。今回、新たにパワーウインドウやエアコンといった、大電流の流れる回路に使用するスローブローフューズをアイスフューズ化した「アイススローブローフューズ」が、オートプロデュースA3からリリースされた。これらのラインアップにより、クルマに採用されるすべてのフューズをアイスフューズ化することができるようになった。

【関連記事】アバルト「595」に総額492万円のパーツを装着!「A PITオートバックス東雲」で購入できるアイテムだけで作った1台とは

アイススローブローフューズ画像はこちら

 いずれのタイプも効果は電気の導通が良くなることで、電装品の動作が最適化されるというもの。とくにメインフューズやスローブローフューズは消費電力の大きな電装品の回路に使われるため、より効果的に高効率化が図れる体感度の高いアイテムだといえるだろう。ブレードタイプはサイズや容量が数多く設定されているため、ほとんどのクルマですべてのフューズを交換できる。

 そのほか、スバル車用としてリリースされているアイススローブローフューズは、現行主力モデルのみならずGC/GF型初代インプレッサといった旧世代のモデルから、最新型のレヴォーグ用まで幅広く適合セットが用意されている。もちろん個別でバラ売りもされているので、適材適所でチョイスして交換することもできるのも魅力だ。