いまだ世界中にファンだらけのワーゲンバスがEVでついに復活! 「ID. BUZZ」は世界に旋風を巻き起こすこと確実 (1/2ページ)

いまだ世界中にファンだらけのワーゲンバスがEVでついに復活! 「ID. BUZZ」は世界に旋風を巻き起こすこと確実

「はたらくEV」としても世界的に大ヒットの予感

 フォルクスワーゲンがEV戦略の肝としてかねてより予告していた「ID. BUZZ」が3月9日、ついに発表された。かつて商用車として生み出されピープルズ・カーとしても世界的に親しまれた「タイプ2」、通称「ワーゲンバス」のリバイバルであり、グローバル戦略車としてVWが大きな期待を寄せるEVモデルである。明らかにされた情報を整理してお伝えしよう。

かつて世界中の仕事と暮らしを支えた「ワーゲンバス」

 始祖にあたるVWタイプ2は、リヤエンジン・リヤドライブのVWタイプ1「ビートル」の構造をベースとして、それにハコをかぶせる形で1950年に商用車として誕生。それゆえ運転席はフロントアクスルの上にあるようなキャブオーバーのレイアウトで、フロントオーバーハングがほとんどなく、また前後をつなぐドライブシャフトも不要ゆえに広い室内空間を誇っていた。

【関連記事】マセラティ顔のアバルト「プントエヴォ」を即決購入! オーナーが手に入れた「チンクエチェント」より刺激的なカーライフとは?

1950年に登場したVWタイプ2、通称「ワーゲンバス」画像はこちら

EVならではのレイアウトでご先祖さまの姿を再現

 ID. BUZZはVWグループのEV用プラットフォーム「MEB」をベースにしていて、バッテリーをフロア下に搭載することで前後の重量配分を最適化するとともに低重心化を実現。後輪駆動でハンドリングが軽快なのも元祖ワーゲンバスとの共通項といえる。

 フロントオーバーハングを最小にして、ホイールベースは現行の商用モデル「T6.1」と同等の2988mmと長く、室内空間を大きく確保している。フロントフェイスは「丸目」ではなくモダンなLEDヘッドライトを与えられているが、旧型を彷彿させるV字型のパネルが特徴で、オプションのツートーンカラーを選べば雰囲気はかなり近くなる。

 ボディサイズは全長4712mm、全幅1985mm、全高は仕様によって1937mmまたは1938mm。幅の大きさが気になるところではあるが、回転直径は11.1m、つまり日本式で最小回転半径を表記すると5.55mなので、取りまわしは上々だ。また燃費性能が重要な意味をもつEVゆえにエアロダイナミクスも徹底し、Cd値は乗用モデルで0.285、商用モデルで0.29となっている。

フロアにバッテリーを積み電動モーターで後輪を駆動画像はこちら

MPVの「ID. BUZZ」と商用車「ID. BUZZ Cargo」が展開

 ID. BUZZの乗用車バージョンは2列シート5人乗り、後席はスライドドアで、日本の感覚では「ミニバン」だが、VWは「MPV(マルチ・パーパス・ビークル)」と定義している。ラゲッジ容量は1121Lで、2列目シートを倒せば最大で2205Lまで拡大可能。さらに要望に応じて、カーゴスペースを固定式パーティションで区切ることもできるという。

乗用車バージョンは2列シートでラゲッジ容量は1121L画像はこちら

 同時に商用車バージョンの「ID. BUZZ Cargo」も登場し、こちらは荷室に「ユーロパレット」(1200mm×800mm)を横積みで2枚積めると称しているので、少なくとも奥行き1600mm×幅1200mmの室内空間が確保されている模様だ。

 なおMPVも商用車も、1950年以来、元祖のタイプ2をはじめVWの商用車部門の生産を担ってきた伝統あるハノーファー工場にて生産される。

商用車バージョンはユーロパレット2枚を横積み可能という画像はこちら