クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 旧車は「一期一会」だが高値掴みに要注意! まだまだ安定しない中古市場の価格
CLASSIC
share:

旧車は「一期一会」だが高値掴みに要注意! まだまだ安定しない中古市場の価格

投稿日:

TEXT: 高桑秀典 PHOTO: 高桑秀典/Auto Messe Web編集部

海外の投資家たちによる買い占めなどの影響

 モノの価格相場は、需要と供給のバランスで決まっている。世界各国で注目されている旧車も例外ではない。今後二度と生産されることが無い絶版車なのに需要が高まっているため、値上がりを避けられなかったのだ。

 とくに日本ではRV車やミニバンが流行ったことにより、スポーツカーが絶滅危惧種になった時期があった。そのタイミングに新車でデリバリーされたネオクラシック世代の走って楽しいクルマは稀少で、悲しいことにラフに扱われた個体も多かったため、現存数が少ないのであった。海外のクラシックカー文化

 しかし、である。海外のクルマ好きや投資家たちによる買い占めなどの影響で、空冷ポルシェをはじめとする懐かしいスポーツカーの流通価格がいきなり高騰。それに引っぱられるカタチで旧車全部のプライスが驚くほど上がってしまった。この旧車価格の急上昇は異常ともいえる猛烈なスピードで進行し、誰も止めることができなかった。

 なかには便乗値上げなのでは? と思えるケースもある。以前はタダ同然だった旧車やネオクラシック世代のファミリーカーまで立派なブライスボードを掲げて販売されることとなった。とにかく、健全ではなくなってしまったのだ。日産バイオレットバン

旧車を高価で買うケースはまだまだ頻発している

 ちょっと前までケンメリのGT-Rが3000万円とか4000万円で売れた……という話を耳にすることがあったが、今年に入ってから、そのような驚愕のエピソードは筆者のもとには届かなくなった。おそらく、ユーザー側が少し冷静になってきたので、超高価で買うことを控えるようになったのであろう。

 とはいえ、超高価では買わなくなったものの、旧車を高価で買うケースはまだまだ頻発しており、皆さん、かなりのコストをかけて購入しているようだ。欲しいときが買い時で、旧車も一期一会なので反対しないが、さほど整備されていないにもかかわらず値段だけアップされている旧車もあるので、それを買うときには本当に注意していただきたい(ダメな個体はリセットしてもダメなままなので買わないほうがいい)。

 クラシックカーはもちろん、ネオクラシックカーも完調を維持するためには、それ相応のコストがかかることを知っておきたい。旧車の販売価格が高騰してしまった今も同じことがいえるのかわからないが、筆者が1974年式のアルファロメオGT1600ジュニアを買った1998年には「購入後のメンテナンス費用として、とりあえず車両購入金額と同額を用意しておくべし」という金言があった。アルファロメオGT1600ジュニア

 さすがに数千万円で売られている国産旧車を買うときに数千万円のメンテナンス代は必要ない。もはや、往時の金言すら役に立たないヘンな時代になっているといえる。だが、これからクラシックカーやネオクラシックカーをゲットしようと思っている方は、なんとか用意できる購入後のメンテナンス代と同額ぐらいの旧車を狙ってみてはいかがだろうか。

すべて表示
  • 高桑秀典
  • 高桑秀典
  • 本業はフリーランスのライター兼エディター。1998年に買ったアルファ ロメオGT1600ジュニア(通称:水色号)を現在も愛用しており、すでに総走行距離が30万8000kmオーバーとなっている(2022年4月中旬現在)。クラシックカーラリーに水色号で参戦取材することがライフワーク(?)となっており、群馬をホームタウンとして開催されている「スプレンドーレ」では、柴犬を“ワン・コドライバー”、秋田犬を総監督として挑んでいる。全国各地に水色号でお邪魔しているので、これからも走行距離が順調に伸びる予定。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS